Lightroom CCの大問題

私はAdobeのLightroom CCとLightroom classicをクラウドベースでシンクロして利用中です。

Lightroom CCメインとする運用中

データーは全てクラウドに管理して、LightroomCCで管理する。このメリットは自動的にAdobeのサーバーが写真分類してくれているから。

そしてAdobeの力ならどんどん良い分類になって行くと期待するからです。

現時点(2019年4月22日では、日本語ではダメな分類もあったりするし、Macの写真アプリの方が精度良い感じだけど)

Lightroom classicと併用

Lightroom CCだけではなく、Classicと併用する理由は、使い易さが圧倒的にClassicだからです。

そこでCCとclassicを同期させてます。

同期できる項目と出来ない項目

使い始めて同期できない項目がある事です。

キーワードが同期対象外

この基本中の基本であり最重要とも言えるアイテムが同期されてないのです。Adobeのサポートに聞いたら同期されない仕様だと回答されました。

参考サイトはこちらです。

https://forums.adobe.com/thread/2402857

とは言えども今(2019年5月9日)もAdobeフォトプラン1Tは利用中です。

Lightroom CC続投中

投稿者プロフィール

お気楽ポチサイト管理者
凡人で、高齢者(定年退職の年齢)で、特別なにも無い人、いまさら引き寄せの法則に興味を持ち実験して果たして物になるのか?

そんなブログですが、今更ブームも終盤の引き寄せの法則に、高齢者が実験中のブログ公開して誰が見るのか?
そして誰の役に立つのか?
と言われそうですが、それは私の役に立つからです。

ブログを書こうと決めた事で、日々の生活の中で思考を眺め続けるモチベーションになる事を発見!

引き寄せに大切な良い気分の選択を持続する為のモチベーションにつながるからです。

引き寄せの法則的なブログの人や著者達は沢山いるけれど、彼らの人生を読んでみると、子供時代から普通と違っていたりして、そもそも最初から違うんじゃ無いか?彼ら彼女らは特別な人類だと思うエピソードを目にする都度、この人も別格か。そう思ってゲンナリします。

それでも諦めきれない私がいます。

超凡人だし、間もなく定年退職年齢だから若人と違って知識と経験と体力をこの先に付けられる状況にない。こんな私にも引き寄せなんて出来るのか?常識的に無理すぎる現状からスタートする引き寄せ実験をブログに加えました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です