コロナウィルス→仕事暇→不安からの

シバ犬ポチの幸せ

コロナの不安はお金の不安

コロナウィルスはテレビでは命の危険を騒がれてるけど、庶民的には世の中、自粛モードが長引くと仕事の停止によるお金の不安が大きいと思う。

  • 働かないと、お金が無くなる
  • 仕事しないでお金だけ使ったら減る
  • いつまで仕事がない日々なのか
  • 仕事が止まっても税金も健康保険も止まらない
  • サラリーマンの仕事は止まらないが、自営、中小企業は影響大

ちなみに私の商売も間接的に自粛モードの影響受けて静かな極み。

ここ連日、妻も私もドヨーンな顔してる時がある。

そこは、お互いに見て見ぬふり。

お金の不安は卒業した的な気分になりたいのか?見て見ぬ振りはしてるが、ドヨーンな気分になるのは、隠してもお互いに分かる。

なぜドヨーン顔?

一言で言えばお金の不安が原因。

  • 働かないとお金が入らない
  • 仕事しないと食べて行けなくなる
  • 食べないと死ぬ
  • 仕事が無いと恥ずかしい
  • 生活保護になったら世間に顔向け出来なくなる
  • 親兄弟にも恥ずかしい
  • 子供達にも迷惑かかる
  • 仕事をしないと落ち着かない
  • 働いてないとジッとしてられない気分
  • 仕事してないと不安
  • 忙しいのが良い、暇は悪い

こうして列記すると、勤勉な日本人として、当たり前過ぎな観念。

当たり前過ぎて見えないほど透明の観念として普段は認識すらしない。

疑う余地のない常識

働かないとお金が無くなり、大変な事になる。と言う擦り込み。

働かないと不安、仕事しないと食べられない。そう思うとドヨーンとなる。

子供の頃は勉強に追われて、社会人になって会社のノルマに追われて来た。

休む暇の無い生活が長かったし、それでこそ充実した日々だった。

ああ、今日も忙しく働いたな。ビール飲んで寝ようか?

これが勤勉な私の長年のやりがいの日々だった。逆にあまり働いてない日は、なんか罪悪感だった。

小さな会社経営中の現在は、上司は存在せずノルマは課せられない。

その替わりに、自分が働いた分だけお金が入る完全なる自己責任システム。

すると怖くなるのは、コロナウィルスによる死ぬ事よりも、お金が減る事が怖い。

それは確率的に感染して死ぬ事よりも、お金が減る確率の方が確かな気がするから。

コロナウィルスは全国的に見て、今現在は感染者は少ないので、田舎の私の周りには直接の脅威は無いけれど、こんなに世の中の仕事が止まる状態が長引くと、お金が無くなる?

そっちは固い気がする。

この危機感はコロナウィルス感染と言う可能性の低い危機感とは違って、かなり現実味のある危機感な感じがする。

もちろん、そんな事言っても、死んだらお金があっても仕方ないんだけど。

ドヨーンに話を戻す

こんな具合でドヨーンと暗くなりがちな日々ですが、引き寄せの法則の実験者としては、働く時間が減ったなら、精神的に良い気分の選択の鍛錬の時間を増やそうと思う。

仕事は相手あっての事だから、自分のコントロール範囲では無い。無駄に行動を起こすより、男は黙ってサッポロビール、良い気分の鍛錬をしようと思う。

良い気分の選択は、私だけの責任、私の頭の中の世界。

ひま=不安

と受け取るのか?

ひま=ラッキー

と受け取るのか?

選択肢は2つ有った

常識的に、仕事が暇なら不安になるのが当たり前で、それ以外は有り得なかった。

この暇で会社が倒産したら自殺者増える?

その流れが当たり前だと思い込んでいたけれど、先の事は誰も分からないし、少なくとも私のビジネスのこの先は私にも分からない。

だとすれば、今、仕事が静かなら、ラッキーと言う受け取り方もある。

  • 遊ぶお金が欲しいから働いているんだ
  • 今遊ばないでいつ遊ぶの?
  • このチャンスに遊ぼう
  • しかも今1番やりたい遊びは心の遊びだから家の中で出来る
  • 次のやりたいことは写真系だから目先お金はかからない。
  • この先に金が無くなるとは限らない
  • この先に大金を稼げるチャンス来るかも?
  • コロナウィルス不況なんて予想外なんだから、その後に好景気になる想定外もあるかも?
  • 今は遊ぶ金あるし、遊ぶ時間あるし、遊ぶ健康な身体がある

暇でラッキー、遊ぶ時間が出来たよ。と言う事にしてみる。

フォローしてくれたら嬉しいです

こんな人が書いてます

お気楽ポチ(シバ犬になりたい)
お気楽ポチ(シバ犬になりたい)サイト管理者
凡人で、高齢者(定年退職の年齢)で、特別なにも無い人、いまさら引き寄せの法則に興味を持ち実験して果たして物になるのか?
ポチのアメブロのやってます。
ポチのアメブロ

そんなブログですが、今更ブームも終盤の引き寄せの法則に、高齢者が実験中のブログ公開して誰が見るのか?

とか言っている間に、実験スタートしたばかりでコロナ時代になって景気後退、さらに痛風に襲われて死ぬほど痛い中でも気分だけは俺の自由だと強がっている。
そして誰の役に立つのか?
と言われそうですが、それは私の役に立つからです。

ブログを書こうと決めた事で、日々の生活の中で思考を眺め続けるモチベーションになる事を発見!

引き寄せに大切な良い気分の選択を持続する為のモチベーションにつながるからです。

引き寄せの法則的なブログの人や著者達は沢山いるけれど、彼らの人生を読んでみると、子供時代から普通と違っていたりして、そもそも最初から違うんじゃ無いか?彼ら彼女らは特別な人類だと思うエピソードを目にする都度、この人も別格か。そう思ってゲンナリします。

それでも諦めきれない私がいます。

超凡人だし、間もなく定年退職年齢だから若人と違って知識と経験と体力をこの先に付けられる状況にない。こんな私にも引き寄せなんて出来るのか?常識的に無理すぎる現状からスタートする引き寄せ実験をブログに加えました。
アメブロは主として自分の備忘録として他人の興味あったブログをブックマーク目的で活用中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

今何したいか

次の記事

コロナ不安の続編