スポンサーリンク

オンラインサロン、WEBセミナーにイラつく

スポンサーリンク

時にはマイナス思考も正直に吐き出す

コロナ不況が目立ち始めた三月頃からオンラインサロン、WEBセミナー、ZOOMセミナーがやたらと目立って来ている。

おっと、まず始めに言い訳と言うか自己弁護させていただきます。
この記事に書いたことは、私の立場から見ての偏見、主観でしょう。
仮に当たっているとしても、オンラインサロンの主催者は、ここに書いたような人ばかりでは無いと思います。
それはわかった上で、たまには愚痴りたい。
毒を吐きたい。そんな記事なので。

オンラインサロン、WEBセミナーに説得力無し

コロスケに便乗タイミングで、オンラインサロン、WEBセミナー、有料YouTubeセッション、有料ニコ動、有料NOTEが増えている。

私は複数に参加中

私はコロ助でビジネス的に困っている人間です。
お金が心配だが、どうやってビジネス生き抜くか?
コロ助が収束した後は何をするのか?
そんな切羽詰まって有料オンラインセミナーに沢山参加し、今も月何回かセミナーに金を出している。

ところが困っている人向けとは言えない

複数の有料セミナー参加しての感想は、全部とは言わないが、困っている人を救済するセミナーでは無い。
こんな時まで成功者は弱者から巻き上げる?と感じるセミナーもある。
これは私のひがみであって、本人は善意のセミナーかも知れないし、セミナー料金の何倍もお得なのかも知れないが、なかなかそう思えないものもある。

万単位のセミナー代金があったら、玄米を買って数ヶ月は生きられることを考えたら。。。。。

安いセミナーは数千円で1時間と良心的だが、ほとんどのセミナーは8000円から2万円弱程度の金額で1、2時間のセミナーが多い。
あるいは、半年〜1年間の長期ネット講座もある。

コロ助の影響で既に借金がある人、そこまで絶望で無いけど、私のように売上不振で困っている人は、万単位のお金を頻繁に出すには勇気がいるし、ましてや1年先までのWEBセミナーなんて、その時までネット環境が使える立場でいるのか?
スマホ契約も自宅の光ケーブル契約も、そもそも家賃にも光熱費にも困る人が出てくる可能性もある。

元々コロ助の影響が無い成功者の言う話し

スピ系のセミナーでは、この先アフターコロ助の世界は、素敵な世界が来ると言う人、この試練はその為に必要な試練だと言う人。
ビジネスセミナーでは、コロ助によって儲かっている商売もあるんだから、どうやって儲かる側に回るかで勝負が決まると言われる。
勝ち組になるような思考が必要だと言われる。
それが出来るビジネスセンスがあったら、生馬の目を抜くような力があったら、そもそもコロ助不況に負けず、お金を使ってまでセミナーを聞いてない。

困っている人の気持ちを理解しない

彼らは、コロ助で不況になる以前から、印税、アメブロ、SNS、YouTube、セミナーで儲かっている経済的自由な富裕層側な人が多いと思う。
つまり成功者でビジネスセンスがある人ばかりだから、そう言う人は、現在逆境にいるタイプの人の置かれた立場や気持ちが理解できてないような気がする。

成功者であっても、今までのように物理的に人を集めてのセミナーが開催できないし、経営している会社や店舗が大打撃も受けてるかもしれない。
しかし、成功者は知名度もあるし、SNSなどもフォロワーも多いから簡単にオンラインセミナーに切り替えて新たな収入源が作り出せるから困らない。

その人達は、コロ助で、困る人、不安な人が増えれば益々儲かるから羨ましいと思う。

余裕かましているように見えてしまう。(ひがみかもしれないが、今日は愚痴りたい)

その立場の人から、「頭を切り替えて儲かる新ビジネスのチャンス」とか言われても説得力はない。

アフターコロ助の時代が、仮にバラ色の世界が待っているとしても、それ以前、今から数年間、もっと切実にこの先の1年はどうするの?

しかも、有料セミナーに頑張って集まる人は、大半がコロナで困っている人で、この先の1年が正念場、または今月が正念場の人もいるはず。

困っているだろうからと無料セミナーや安価なセミナーにすれば、主催者のアンチが来て荒れるだろうし、意識の低い人も来るだろうから、安易に安価なセミナーに出来ないとは思うけれども、大金を出して参加しても、内容的に本当に困っている人には無理な内容だったりするので、そもそも、それが出来るならセミナー受けませんよって感じの人にも役立つ有料セミナーであってほしいと思う。

私は、今現在、三つ有料登録をしていて、それは何故かと言えば、経済的自由な人のセミナーは、凡人の知り得ない情報も持っているはずだから、先読みするのに必須だと思うから。
本心では、出す金額に見あっているのか?微妙な気分なんだけど。

コメント

タイトルとURLをコピーしました