私は、妻に従順なシバ犬になりたい

シバ犬ポチの幸せ

シバ犬に憧れる訳

シバ犬に憧れる私も、昔は思考が大好きな頭でっかちな仕事人間だった。

システムエンジニアだった

私は、若い時代の思考人間の反動で、今では頭を使いたく無い。
若い頃の仕事は、巨大なコンピューターシステムのような世界を構築するエンジニアだった。

プログラミングは高度なレベルには達して無いかもしれないが、アセンブラやマシン語も使っていたし、C、C++、その他、ここに書けない専門言語も結構使いこなした。

主にはシステム全体の設計をやっていたので、概要設計、機能設計、詳細設計まで行なった。

馬鹿なエリート思考

ほらね、こうして昔話を書くだけでも、エリート気分になるし、エリート自慢な言葉が沢山出てくるよ。

言葉を捨て去って犬になりたいのに、言葉を使いだすと、いつの間にか言葉が私になって来る。

imac

妻のための人生にしたい

若い頃は、仕事人間、技術バカで、家庭よりも仕事優先だった。家庭を守る為に仕事を優先する。

そんな論理だった。

モロに本末転倒して生きてきた

仕事や他人との人間関係を優先しないと、将来の家庭の安泰が勝ち取れない。

それが競争社会で生きる知恵だと思って生きていた。

そもそもは、家族の為に頑張っていたんだけど、それがね、本末転倒して、家族よりも仕事が優先になっていた。

それが毎日、明日も、明後日も、永遠に仕事が優先。

強制ブレーキ発動

不治の病、難病になった

そんな仕事人間が、本末転倒した人生から立ち止まるには、その位の病気イベントが必要だった。

医師の診断は腎不全。

即入院した私は、精密検査を受けた。

その結果も悪いので、そのまま人工透析の準備に進む予定だった。

例外的治癒

しかし二週間程度の入院で、最悪だった腎臓の数値が直った。

一度、腎臓の値がこれ程に悪化した人は、現状維持も難しく、徐々に悪化する運命で、回復なんてあり得ないらしい。

しかし、入院していたら、何故か腎臓の値は直った。

会社に復帰したら悪化した

でも、また仕事人間の世界に戻ると繰り返す病気だった。

人生一回休み

ここで、私は、双六で言えば、「人生一回休み」のマスに入った。

強制的にシャットダウンされて、しばらくは再起動は禁止された。

当時の私は30代の前半。

若いバリバリ働ける時代の急停止だった。

人生を一回休みして、会社も辞めて、数ヶ月くらい休んだかな?

マンションのローンも払えなくなると考えたので、買ったばかりの新築マンションは売却。

バイクも売却、仕事のキャリアも何も全てを捨てた。

そして、田舎の実家に転がり込んだ。

妻にも子供達にも、実家の両親にも負担を強いる生活のスタートだ。

この先の人生は妻の為に生きたい

30代の前半でそう思って、今は50代の後半だ。

なぜ、仕事人間で、男が偉いと思ってた私は、妻の為の人生にしたいと、そう思ったのか?

でも、本気で妻の為に生きたいと願ったのは、ここ5年くらい

人生の急制動の後も、職業を変えて、自営業や小さな会社経営やらと頑張って来て、最初のうちは大企業では無いからと自分のペースで仕事をするのだが、調子に乗って年々売上が増えてくると昔の癖が出た。

本末転倒の繰り返し

ビジネス優先で妻や子供を後回しが始まっている。こうして安定したビジネスにしないと家族を養えないからと言う大義名分で私は仕事優先になってゆく。本末転倒する癖が出る。

何度も死にかける

本末転倒していると、毎度あるのが死にかけて救急車で集中治療室に入るってイベント。

しばらく入院して、生きているだけで丸儲けって思って、謙虚になって退院するんだけど、そこから数年すると、その謙虚さを忘れて、ビジネスに邁進して、売上が伸びて、安定させたくて仕事優先になって。

救急車は三回運ばれて、毎回死にかけた。

この5年くらい本気

流石に、もう50代も後半戦。

次に過労になってしまったら生き返らないかもしれない。

それに、妻のための人生にしたいと繰り返し後悔した救急車事件なのに、今度こそ終わるかも知れない。

頭を捨てたいシバ犬になりたい

だから私の目指すところはシバ犬です。

  • 頭を捨てる
  • 言葉を捨てる
  • 私(思考)を捨てる
  • 過去を捨てる
  • 未来を信じない
  • 今を愛でる
  • 妻を愛する

これが、今日現在の私の本音です。

私=言葉=思考

だったのですが、今後の人生は

本当の私=心=シバ犬=妻に従順なポチ

として生きてゆきたい。

シバ犬ポチの幸せ
シバ犬ポチの幸せ

フォローしてくれたら嬉しいです

こんな人が書いてます

お気楽ポチ(シバ犬になりたい)
お気楽ポチ(シバ犬になりたい)サイト管理者
凡人で、高齢者(定年退職の年齢)で、特別なにも無い人、いまさら引き寄せの法則に興味を持ち実験して果たして物になるのか?
ポチのアメブロのやってます。
ポチのアメブロ

そんなブログですが、今更ブームも終盤の引き寄せの法則に、高齢者が実験中のブログ公開して誰が見るのか?

とか言っている間に、実験スタートしたばかりでコロナ時代になって景気後退、さらに痛風に襲われて死ぬほど痛い中でも気分だけは俺の自由だと強がっている。
そして誰の役に立つのか?
と言われそうですが、それは私の役に立つからです。

ブログを書こうと決めた事で、日々の生活の中で思考を眺め続けるモチベーションになる事を発見!

引き寄せに大切な良い気分の選択を持続する為のモチベーションにつながるからです。

引き寄せの法則的なブログの人や著者達は沢山いるけれど、彼らの人生を読んでみると、子供時代から普通と違っていたりして、そもそも最初から違うんじゃ無いか?彼ら彼女らは特別な人類だと思うエピソードを目にする都度、この人も別格か。そう思ってゲンナリします。

それでも諦めきれない私がいます。

超凡人だし、間もなく定年退職年齢だから若人と違って知識と経験と体力をこの先に付けられる状況にない。こんな私にも引き寄せなんて出来るのか?常識的に無理すぎる現状からスタートする引き寄せ実験をブログに加えました。
アメブロは主として自分の備忘録として他人の興味あったブログをブックマーク目的で活用中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です