記憶喪失体験1 記憶が無い人生とは

私は突然の記憶障害に襲われた

一過性全健忘

発症したその瞬間、私の身に何が

妻に聞いた話によれば、

妻との夜の営みの最中に、突然の頭痛に襲われた私は、その直後から記憶が飛んでたそうだった。

記憶がない世界

激痛から開放されて意識が戻った時、ここ1年ほどの記憶が無い状態になっていた。

記憶が無い。

しかし、本人は記憶がないとは思えないので、自分以外の世界が入れ替わったと感じる。

一瞬でSFのパラレルワールドに飛んだ感じ

まさに、知らない並行宇宙に来てしまった。そんな感覚だ。

自分の家の中なのに、見覚えがない設備がある。

なぜ、この部屋に、こんな凄いエアコンが付いてる?

娘は、いつの間に結婚したの?

この人が娘の旦那さんなの?

そして、すぐ忘れる

不思議な世界に上記の質問をしても、1分で忘れる!

質問した事すらも忘れ、回答中の妻の言葉を遮って、また同じ質問を繰り返す。

24時間、繰り返す同じ質問

だから、この手の会話がエンドレスで繰り返されたらしい。24時間くらいの間は。

記憶が出来ないと言う恐怖

妻の説明から、私は記憶障害を起こしていて、ここ一年の記憶がない事を知った。

今日の新しい出来事も、直ぐ忘れる。

数分で同じ事を繰り返し質問している事。

昨日の仕事も覚えてない。

今日の大切な仕事の予約すらも忘れているし、予定表を見ても嘘みたい。この予約いつ誰が受けた?

しかも、今日の予約が入ってると知らされても、数分で忘れ、「今日仕事あるの?」と聞くしか無い事。

この私のバカになった事実を知って恐怖した。

しかし、恐怖しても、少し経過すると、忘れて同じ質問だけを繰り返す。

この質問は何回もしたよね?

12時間を経過した辺りから、徐々に自分が記憶喪失状態だと言う事実だけは忘れなくなって来た。

頭がおかしい状態だと言う事だけは、数分で繰り返す内に、数分の事だから忘れなくなって来た。

少しづつ記憶力が持つようになって来ていた。

ちなみに記憶障害になっている事だけは覚えているが、それ以外の記憶がないままだった。

多分、この質問は過去にも質問しただろうと予想は出来るけど、回答が記憶にない。

なので、悪いんだけど再度質問したいんだよ。と言う状況になる。

妻も、あまりのループ質問に笑ってたらしいので、その妻の様子からも察したのかも知れないが、当日の私は、妻に笑われていた事も覚えてない。あるいは、そこにも気付かなかったのかな?笑われた記憶はない。

最初の12時間は1分しか持たない

自分が記憶喪失と言う認識も出来て無い。

1分も持たない記憶力。すぐ忘れるから。(笑)

1分単位に新しい私が生まれ、そして消えて行く。

一過性全健忘

でも12時間の時点でも自分が記憶喪失だと言う認識はある。

それは、数分単位で繰り返しインプットされたから。だから発症から12時間くらいで、自分がおかしいと言うことが認識されるようになった。

流石に発症から12時間未満では、自分がおかしいと言う認識も維持されてなかったようだ。

その後の経過も追記してゆきます

こんな人が書いてます

お気楽ポチ(シバ犬になりたい)サイト管理者
凡人で、高齢者(定年退職の年齢)で、特別なにも無い人、いまさら引き寄せの法則に興味を持ち実験して果たして物になるのか?
ポチのアメブロのやってます。
ポチのアメブロ

そんなブログですが、今更ブームも終盤の引き寄せの法則に、高齢者が実験中のブログ公開して誰が見るのか?

とか言っている間に、実験スタートしたばかりでコロナ時代になって景気後退、さらに痛風に襲われて死ぬほど痛い中でも気分だけは俺の自由だと強がっている。
そして誰の役に立つのか?
と言われそうですが、それは私の役に立つからです。

ブログを書こうと決めた事で、日々の生活の中で思考を眺め続けるモチベーションになる事を発見!

引き寄せに大切な良い気分の選択を持続する為のモチベーションにつながるからです。

引き寄せの法則的なブログの人や著者達は沢山いるけれど、彼らの人生を読んでみると、子供時代から普通と違っていたりして、そもそも最初から違うんじゃ無いか?彼ら彼女らは特別な人類だと思うエピソードを目にする都度、この人も別格か。そう思ってゲンナリします。

それでも諦めきれない私がいます。

超凡人だし、間もなく定年退職年齢だから若人と違って知識と経験と体力をこの先に付けられる状況にない。こんな私にも引き寄せなんて出来るのか?常識的に無理すぎる現状からスタートする引き寄せ実験をブログに加えました。
アメブロは主として自分の備忘録として他人の興味あったブログをブックマーク目的で活用中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です