記憶喪失体験3 発症するタイミングで天国と地獄

一過性全健忘になって戻るまでの体験談、その3話目

一過性全健忘

とりあえず、24時間以降は他人からは異常に見られ無い所まで回復

ただ、この段階でも、数時間以上前の出来事は、記憶にリアリティーがなくて、夢か現実なのか?自信がない状態だった。

映像として記憶にあっても、どうもカメラのピントが合ってないような?コントラストが薄いような?薄暗いような、白黒のような?妙な感触の記憶なので、その記憶がリアルな事実なのか?自信が持てないのが一過性全健忘を発症して24時間から36時間の私だった。

リアルに存在した過去と夢や空想の区別が難しい

頭の中の記憶について、

この記憶はリアルな記憶だ。と明確に言い切れない。

頭の中にある記憶が、これは現実だったと自信が持てるまで回復したのは、発症から48時間くらい必要だった。

その記憶は本当に現実にあった事なのか?

それとも、空想、夢物語、勘違いなのか?

その区別はとても微妙な違いだった

どちらも単に頭の中にあるデーターでしか無い。この点では同じだった。

精神病患者の状況が少し理解できた

精神分裂の患者さんは、錯乱した状態で現実と非現実の区別がなく変な事を言うらしいですよね。

けど、夢と現実との区別が付かないって症状は、一過性全健忘でも似ている。

精神分裂症、それは決して他人事では無い。

誰でも発症しうるのが一過性全健忘で、しかも原因不明だから予防も出来ないし、短期的にでもそうなる可能性が誰にもある。

発症タイミングが運の別れ道

一過性全健忘とは、自然治癒するのを数日待つだけで、終わってしまったら軽い思い出、笑い話しとも出来る出来事です。

だが問題は、発症タイミングが悪ければ大変なことになる。

私のように配偶者と一緒で、仕事の休日とか夜間の発症なら救われる。

もし、仕事中だったら

その日の行動も覚えてないし、手前の一年間くらいが記憶喪失だから、商談内容も、成約情報も、クレームも、今日の約束も何も分からない。

大変なことになる。

もし一人で運転中だったら

なぜ、その場に走行中なのか?分からないからどこに行けば良いのかも分からないはず。

もし、ここ一年間くらいで引越した場合は、おそらく家に帰ることも出来ないはず。

誰にとっても他人事ではない。紙一重(単なる頭の中)

記憶は頭の中にしか無い

頭の中にしか無い記憶なんて、夢、空想なのか?
実際に存在した過去の記憶とは、紙一重なんだと痛感した。

こんな人が書いてます

お気楽ポチ(シバ犬になりたい)サイト管理者
凡人で、高齢者(定年退職の年齢)で、特別なにも無い人、いまさら引き寄せの法則に興味を持ち実験して果たして物になるのか?
ポチのアメブロのやってます。
ポチのアメブロ

そんなブログですが、今更ブームも終盤の引き寄せの法則に、高齢者が実験中のブログ公開して誰が見るのか?

とか言っている間に、実験スタートしたばかりでコロナ時代になって景気後退、さらに痛風に襲われて死ぬほど痛い中でも気分だけは俺の自由だと強がっている。
そして誰の役に立つのか?
と言われそうですが、それは私の役に立つからです。

ブログを書こうと決めた事で、日々の生活の中で思考を眺め続けるモチベーションになる事を発見!

引き寄せに大切な良い気分の選択を持続する為のモチベーションにつながるからです。

引き寄せの法則的なブログの人や著者達は沢山いるけれど、彼らの人生を読んでみると、子供時代から普通と違っていたりして、そもそも最初から違うんじゃ無いか?彼ら彼女らは特別な人類だと思うエピソードを目にする都度、この人も別格か。そう思ってゲンナリします。

それでも諦めきれない私がいます。

超凡人だし、間もなく定年退職年齢だから若人と違って知識と経験と体力をこの先に付けられる状況にない。こんな私にも引き寄せなんて出来るのか?常識的に無理すぎる現状からスタートする引き寄せ実験をブログに加えました。
アメブロは主として自分の備忘録として他人の興味あったブログをブックマーク目的で活用中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です