記憶喪失の体験4 リアルな過去と幻想の区別が困難

目次

一過性全健忘になって戻るまでの体験談、その4話目

一過性全健忘

最終的に、本当に完治したのは4、5日が必要だったが、最も急激な回復だったのは、最初の24時間で、そこが脳のCPU再起動だったような気がする。

その後は、過去一年分の記憶が脳のメモリー領域にロードされるまで、データー復元がゆっくりと静かに進んだ気がする。
それも毎朝起きたら良くなっている気がした。

48時間も経過すると、記憶力が1日分残せて来た。

ここまで回復すれば、他人と接する数分間なら余裕で対処できる。

朝起きてから一日通しての記憶も映像が鮮明になって来た。いかにもリアルな現実の記憶と言う形が出てきた。

この頭の中のスクリーンの鮮明度合い。これこそがリアルな過去である証拠だと知ることになった。

24時間の場合は

24時間程度の回復状態でも、かなり普通になっていたが、完治とは言えない理由は、記憶の映像の鮮明度合いが薄くて、多少、コントラストの甘い映像で、夢か現実かが不明瞭だった。

48時間の場合は

しかし、48時間経過したらリアルは鮮明な記憶で、空想的な映像とは明らかに違って来た。

ただ、まだ、記憶が現実と夢の区別に不安は残っていたので、ビジネス会話は妻に任せていた。

身体もダメージ

なんと

一瞬、脳が死んだから?

体にもダメージがあった。

この続きはまた書きます。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる