スポンサーリンク

通風発作、急回復中

スポンサーリンク

今回は発作から1週間弱での回復

今回の痛風発作(再発)スタートは今週の月曜日からでした。

先週の日曜から足の気配が怪しいなと感じ始めて他のが月曜朝には痛みが再発と確定して、火曜から木曜がピークで金曜から急激に回復しつつある。
今日土曜は、家の中で静かに過ごす分には痛みは全くない。
ただ、時折、つま先を普通に着地させたり、ハイキング用のストレッチの効いた靴下を履こうとすると、締め付けられて多少は痛い。
外出時に紐ぐつでの歩行は、紐ぐつを履く時に極端に紐を解いてから履けば履けるし、歩く間もつま先を使わないで歩く分には痛くない。

外出先で、私がビッコなのはバレるとは思うけど、あまり他人に興味がない人にはバレない程度。

原因を考える

水曜、木曜あたりの印象から原因として思うこと

1、精神論

ちょっと嫌な事を考えている、会話していると、ズキンと痛くなる。

これって、血液が悪くなって、その時にズキンとする物質が出来て痛むんじゃないの?

そう思うほどにリアルタイムな痛みが出る。

先週の再発前の生活習慣

1、食事内容

当然ながら発作中は食事は気をつけているんだけど、発作がなかった先週はラフになっていたのも事実。

ただ、食事は精進料理並だとしても、アルコールも控えめだし、とか甘えもあって、甘いものを毎日食べていた。

お団子、饅頭、ケーキ、これらを毎日1つから2つ食べていた。

その上で時々は適量と思われるアルコールも入れていた。

2、悩み事は厳禁

先週末に向かって、仕事の事や趣味のことで、長時間、毎日、起きている間はずっと迷っていることがあった。

最初は、希望に燃えて、気分良く迷って、選択する事に損しないように最善の回答を作りたくているんだけど、いつの間にかその迷いは好きで迷っていたはずが、面倒くさい気分で検討をしている状態だった。

思えば再発前は毎回似ている

甘い物を食べていた。徐々にアルコールも適量は入れ始めてた。何より、悩み、迷いの時間が1日の大半になっていた。

今後の方針

食生活

この先の人生、甘い物は基本的に食べない。ケーキも饅頭もやめた。
甘い物は嫌いになったと言えば良いだけのこと。

お酒類も基本的に止める。
妻との付き合いもあるので、週一回だけ、日本酒なら最大でも1.5合にする。
出来れば夜に飲まないで、昼に飲んで、その後で散歩など血糖値の上昇を防止するようにする。

食事内容は、ほぼ完璧な健康的な内容だから変える必要がないと思うので、甘いものとアルコールを気を付ける。

精神論

  • 迷い時間は最低限
  • 悩みも最低限
  • イライラも最低限

何をおいても、最優先は気分良い思考の選択にしたいと思う。

いつの日か良い思い出になっていると

この先がどうなるか?これだけ再発しているからわからないけど、もし、これで向上したら長期間大丈夫だったら、痛風発作の連発も無駄ではなく、長い意味では健康維持に良かったのかもしれない。

必須でもない甘いものやアルコールもやめたら、それが無くなって寂しいけど、その一方では妻の手料理を食べる部分が増えるんだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました