私も今日MRI体験へ

心屋さんが、MRIに入ったと

同年代で、あまり医者頼みでは無い(と思われる)心屋さんも、MRI入ってよかったみたいだ。

仁さんが肩の痛みで、MRIで検査してやって、こうして筋が傷ついてると見て、安心して今後の方針を決めてた。

https://ameblo.jp/kokoro-ya/entry-12608659300.html

病院嫌いでも行ってくる気に

私は過去の人生、半世紀以上の中で何度も何度も医療不審になることがあって。

今では歯医者以外は基本的に行かない。

死んでも行かないくらいに行かない人。

病院よりも尿療法を選択した。

そんな私でも、痛風発作は耐えきれず、そして長引くと生活にも仕事にも困るから、痛み止めだけは必要。

それでも、ここ4ヶ月くらいの苦しみの中で、通院は一度だけだった。

そして、今朝、心屋さんMRI記事を見ての

そうかMRIならレントゲンに映らない物が写るのか。

あまりにも反発する関節痛だから痛風では済まされない可能性もあるし、一度やってみるか!

病院嫌いでも一念発起して、朝1番で8時から飛び込んで、運良く昼前にMRI枠が空いてて。

結果は

特に腫瘍とか妙な物はなく、関節に水が溜まっている。

所謂、関節炎で、原因は、特定できないが、痛風もその要因の一つ。

今後はどうするの?

私はこの先どうすれば良いのか?

そこは、どうしようもないみたい。

単なる経過観察。

繰り返しやってくる痛みは、受け取るしかなさそう。

せめて、そのピークが大切な仕事とか結婚式などの参列に影響しませんように。

そして、願わくば、二度と痛まないで、発作は再発しないで、今回の痛みを最後にして欲しい。

フォローしてくれたら嬉しいです

こんな人が書いてます

お気楽ポチ(シバ犬になりたい)
お気楽ポチ(シバ犬になりたい)サイト管理者
凡人で、高齢者(定年退職の年齢)で、特別なにも無い人、いまさら引き寄せの法則に興味を持ち実験して果たして物になるのか?
ポチのアメブロのやってます。
ポチのアメブロ

そんなブログですが、今更ブームも終盤の引き寄せの法則に、高齢者が実験中のブログ公開して誰が見るのか?

とか言っている間に、実験スタートしたばかりでコロナ時代になって景気後退、さらに痛風に襲われて死ぬほど痛い中でも気分だけは俺の自由だと強がっている。
そして誰の役に立つのか?
と言われそうですが、それは私の役に立つからです。

ブログを書こうと決めた事で、日々の生活の中で思考を眺め続けるモチベーションになる事を発見!

引き寄せに大切な良い気分の選択を持続する為のモチベーションにつながるからです。

引き寄せの法則的なブログの人や著者達は沢山いるけれど、彼らの人生を読んでみると、子供時代から普通と違っていたりして、そもそも最初から違うんじゃ無いか?彼ら彼女らは特別な人類だと思うエピソードを目にする都度、この人も別格か。そう思ってゲンナリします。

それでも諦めきれない私がいます。

超凡人だし、間もなく定年退職年齢だから若人と違って知識と経験と体力をこの先に付けられる状況にない。こんな私にも引き寄せなんて出来るのか?常識的に無理すぎる現状からスタートする引き寄せ実験をブログに加えました。
アメブロは主として自分の備忘録として他人の興味あったブログをブックマーク目的で活用中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です