執着を手放し、両方とも受け入れる事

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!

登場人物について

登場人物(動物)の紹介はクリックで読めるよ
ウサウサ(妻)

筆者(サル)の妻でアラシー?(60歳前後)です。
本当は人間ですが、本人は自分の事をウサギとかクアッカワラビーだと思っているようです。

性格は、前者(心屋仁之助さんが定義した前者後者の前者)で、社会人として有能な人。

学生時代は勉強が嫌いだったから四文字熟語をほとんど知らないとか脳味噌は子供に近いよ。

  • 不要な価値判断の観念が無いまま大人になった人。
  • 曇りの無い目(心)で、ありのままを見ている人。

そんな印象なのがウサウサ。

ニコニコ猿

サルから見たウサウサは料理が上手だよ。

サル(筆者)

サル(筆者)は本当は人間で60代男性です。

なぜサルなのか?それはサルに似ているとウサウサが言い始めたのがきっかけ。
最近まで自分が有能な人類だと思って生きて来たので相当嫌なヤツでした。

典型的な後者なのに、前者だと思って最近まで生きて来た為、大迷惑な存在だったかも知れない。

ウサウサが大好き過ぎてキモいと言われる事をする。

シマキチ(ネコ)

一年位前に我が家に来た元は保護ネコちゃん。

キジトラのメス猫。

性格は、まるで人間が入っているかと思うほど頭が良い一面もあるし、シバ犬のような馬鹿っぽい可愛さもある。

そんなシマキチは、今ではサルとウサウサの娘になった。

娘が元々二人いたけれど、二人とも嫁いだので今では三女のにゃもだけが同居する娘だ。

出来ているつもりで生きてきた

引き寄せに限らず、スピ系、悟り系では常識中の常識なのは、両方受け入れる事。

  • 表裏一体
  • 山があるから谷がある
  • 光があるから影がある
  • 男と女
  • 勝者という概念が敗者を作る

アニメのクレヨンしんちゃんでも「胸あってこその谷間」という名セリフもある。

痛風発作は二度と御免だ

最近の日常は、痛風発作の痛みに耐えかねて、不便な足の痛みに面倒臭いし、痛みが全身疲労に繋がって疲れるので、兎にも角にも辛い現実から逃げたかった。

この気持ちから痛風を押し除けて、痛風の完治した姿を快適な身体をイメージして過ごしていた。

引き寄せの法則では、

欲しいイメージをして、その気分を味わって、信じて待つ。

そう言われている。

それを忠実に守っている最中なのだけど、

こけこさんのブログを見た時に、何かが引っかかる。

  • 痛風の痛い身体が嫌だから、快適な体を求める。

この苦しみが強烈な今の身体ではなく、痛くない、辛くない、健康状態の体が欲しいと、痛くない身体に執着するのも致し方ない。のではないかい?

痛風の激痛の身体&快適な痛くない身体

この両方を受け入れるのは、万人にとってあり得ない選択ではないのか?

誰でも痛みから逃げたいし、あまりに痛いと、痛くない体に執着するほど強く願うと思う。

パラドックスだったのか

痛くない身体を強烈に欲する私。

ということは、今私は強烈に痛い身体です。と宣言していた。

宇宙には今しかない。

今、発しているバイブレーションにあった現実がやって来る。

私のチャンネルは強烈に痛み苦しみのチャンネルに合っている。

これ、自分の今現れた現実は受け入れた上で、次に進むしかないのか。

痛いからこそ、快適な身体が好きだ。と心の底から知ることが出来た。

痛い身体がなければ、自分の望みに気づくことが出来なかったのだ。

痛い身体がなかったら、痛くないのは当たり前だと見過ごして、ありがたみもないし感謝もなし。

モデルさんの様なボディーに憧れて、そうではない自分のボディーに細かくダメ出しして、歩ったり走ったり出来る自分の体に感謝せず、もっとすごいヨガの先生とかに憧れていた。

自分の今までの普通に使えていた体にありがとうと言わないで生きてきた。

この痛みのある身体になったお陰で自分をもっと大切に愛せる様な気がしている。

サルの一言

サル(筆者)は、引き寄せの法則も健康食品も素人で1ユーザーに過ぎません。

ここに書いた事は自分では良いと思うけど、間違えてたり、誤報を信じてたりする可能性もあります。

商品購入リンクも基本的には自分が購入した物ですが、中には自分の購入したそのもののリンクではなく、記事執筆時点で検索したリンクもあったかも知れないし、リンクミスもあるかも知れない。

購入、使用は自己責任で確認願います。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)