スポンサーリンク

足が痛すぎる!

スポンサーリンク
痛風

昨日の祈り虚しく

だから昨日のブログでは、この今回の痛みを最後に再発したくないと祈ったのに。

願わくばラストにして欲しい!と願ったのに。

昨日のMRI検査で、腫瘍、骨の変形がなく、溜まった水が消えるまで経過観察となった私の右足でした。とりあえず良かった。

あのまま痛みが収束するだろう。そして今度の痛みでラストになると祈ってました。

そう思って見てました。

今朝からピークの痛み

今日は痛い、痛すぎる。

歩かないでジッとしていても、ジンジン、ビリビリ、ズキンズキンと痛い。

そのレベルは気絶しそう。吐き気がしそう。

気持ちをそらそうと努力しないと、本当に地獄の中にいる感じ。

しかも、こんだけ痛むと色々と将来への不安が出てくる。

足が腐れ落ちない?

骨がそろそろ変形するんじゃない?

痛みと不安から離れる坐禅手法

気のそらし方のコツ

痛風になった人ならわかるはず。

この痛みはそう簡単には気をそらす事が出来ない。

痛風未経験の人でも想像は出来ると思う。

この激痛、切れ目のない痛み。

ここで気をそらす方法は坐禅や瞑想などで思考と感覚が区別されてないと難しいかもしれないけど、でもコツがつかめたら誰でも出来る。と思う。

思考と感覚の違い

結論から書くと、コツは、今リアルに存在する感覚だけ受け取る。

  • 感覚だけに意識を集中する。感覚は今ここにある感覚。
  • 思考は、その感覚から後付けされて生じる言葉と苦しみの感情。

この二つを分離して、出来るだけ後付けの思考による苦しみに巻き込まれてないで、今リアルにある感覚に意識を合わせる。

もちろん、痛風の痛みがリアルに今あるので地獄と言えば地獄だけど、思考が地獄だと苦しみだと、不安だと後付けする以前の今この瞬間にいると、ジンジンと言う感覚だけがある。

不安ではなく感覚だけ。

地獄と言うラベルがない、感覚だけ。

感覚もキツイけど、地獄とか思っている不安な思考よりマシ

とにかくリアルにある感覚は感じるのみ。

苦しみの思考(言葉の地獄とか苦しいと言う後付け、将来への不安)が無いだけでもずっと苦しみが軽くなる。

この感覚がつかめてきたら、感覚を足先ではなく、呼吸とか庭の鳥のさえずり、ベッドの感触など自分がホッとする感覚に移動する。

移動できたら、その一つの感覚を一点集中で感じる。

まさか10年近い坐禅と瞑想の趣味が、この痛風の役に立つとは予想もしてなかった。

誰かの役に立つ記事だったら、痛みの中で書いた甲斐があるけど。

コメント

タイトルとURLをコピーしました