この話題は、前にも書いたかも知れないけど、最近、話題になったので今の気持ちでリライトした感じ?

私は変わり者だった

私は若い頃には、職場で思った通り本心を口に出してしまう為、

私 むーん

「XXは馬鹿正直過ぎる、馬鹿ジャ無いのか?」

と言う具合に多くの職場の人間(男女から)馬鹿にされてました。

お前はバカなのか?ってイメージから、私のあだ名は山下清画伯でした(山下先生を私は好きで馬鹿にしてません)。
当時の私の体型も100kgくらいで太っていたから両面から付けたあだ名でしょう(笑)。

私を馬鹿にする人達は多かったけど、一方ではそんな私だからこそ好感を持っていた女性もいたし、上司や先輩の中にも私を好いてくれた人が居た。
当時の私は、その人達の好意をわかってなかったので申し訳ない。

妻と知り合って知った社会の裏側

今の妻と知り合って、結婚してから、上記のような悩みを相談するようになった。

妻から聞かされた驚愕の話

あなたって天然記念物だったんだね。

あなたを見ていて薄々は感じていたけど、あなたは「人は全員本心だけを話していると思っていたんだね?

多くの人は、口から出す言葉と頭の中で思っている事が違うのが普通だと、妻から教えられるまで知らなかった。
私は、そんな事は疑った事もなかった。


私は天然記念物だったらしい

私は話す言葉と本心は完全一致している、それは人間全員がそうだとしか思っていなかった。
もちろん冗談は冗談だし、プレイボーイの女性を騙す言葉は本心では無いし、スパイとか詐欺師も嘘を言うと知っていたけど、真面目に人と人が心を伝え合うような場面だけは本心100%の会話で成り立っていると思っていた

そうで無かったら言葉の意味も話し合う意味も無いのだから、真面目な話は本心だけの話だとしか思ってなかった。

そんな私は、他人と話す時は、100%本心で語り合って来たし、相手が言うセリフ(XXさんに一生付いて行きます!など)も真剣勝負な本心100%だとしか思わないで生きて来た。

妻は私が信じた人に裏切られ傷付姿を何度も目撃して、

私が心底他人の言葉も気持ちも信じ切っている事を確信したと。

そして天然記念物だと驚いた。

と聞かされた。

妻はそれまでも、薄々、私とはそう言う人なのかもしれない?
と思っていたそうだけど、そんな天然記念物がいる訳が無いと半信半疑だったそうだ。

二人三脚

妻は私が普通と違うと本心を語る事が多いのだと信じてくれた。
過去の夫婦喧嘩の原因には、私が口先だけで言っていると思ってしまった事が原因と言うケースもあったようだが、今では私が本心を言う人だと信じてくれたので、その点では話がスムーズになって来た。

そして、私がビジネスや人間関係で、他人の言葉を信じ過ぎると思えば、妻が秘書のように忠告してくれる。

お陰で私は昔ほど他人に裏切られて悲しむケースは無くなった。

私は妻が居ないと生きられない。

  • 食物アレルギーが多すぎるので、妻が素材から吟味して手作りした物しか食べられない。
  • 人間関係も妻の翻訳がないと他人を信じてしまう。
  • 妻といつでも一緒にいたいから離れたら寂しくて生きられない。

どの角度から見ても私は妻が居ないと、この人間業界を生きられない。

妻が今でもドキドキすること

小さな会社を経営している私は、仕事でも妻と二人三脚(妻が専務)です。

私は自社にとっての売り上げ比率がトップの大口顧客が相手でも嫌なビジネス条件を提示されたら、こちらから縁を切って来た。

私 むーん

この契約内容に変更されるのでは、当社は今後の取引を辞めさせて頂きます。
もし将来、他社さんでは対応出来ないお困りの事があれば、当社の提示条件で宜しければ対応させて頂きますので。

その一社の売上が消えたら年間1000万円ダウンでも嫌なものは嫌だ

当社には一千万円の売上が消えるのは大きな打撃だが、私はなぜか平気で切って来た。

会議に同席する妻には、年間売り上げの大半を失ってもその場で断る私の言動に慣れていたので、今日は何を言い出すかとドキドキすると言っていた。

もちろん、私だって大口顧客を失うのはお金の面では怖いので、最初から切るのではなく、無理な条件撤廃のすり合わせを模索はするが、それが難しい場合は、微塵も迷いなくお断りするだけなのだ。

通常の人間関係でも、妻はドキドキらしい。

夫が何を言い出すのか?と予想出来ないシーンがあるらしい。

妻ワラビーちゃん

パパは、心に思ったまま口に出すので、普通は言わない事を言っちゃうからドキドキするの!

最近の私の様子

常に一緒にいる妻から、さっきの言動は驚くからね。とか何度も忠告をもらって来たので、自分が変人だと言うことが理解された。

理解したが、長年、空気が読めないので苦労しているので、今更、そう簡単には普通の言動が分からない。

私には一生わからないのかも知れない。

ドヤ顔

ただ、明確に理解した事は、私が変人で正直に言い過ぎていると言う自覚が出てきた。

この点だけは理解したので、最近は、妻以外の人と関わる場面では、自分の言動と妻の様子を照合しながら慎重に会話を進めている(ビジネスの会議でもプライベートでも)。

妻の様子で自分が常識を外れる本音を言っていると気がつくと、その話を終わらせて被害を最小限に抑えている。

妻が相手が見えないように叩いたり蹴ったりするケースもある。

ただ、そんな妻もビジネスの大事な局面では私の直感と言うか好き嫌いのセンスを信じてくれている。
今まで、大口顧客と縁を切っても、その売上を激減させてしまっても、幸せ度合いが下がった事がなく、むしろ幸せになる選択だったと二人で確信しているから。

何度もやって来たので間違いない。