MENU

宇宙銀行への請求書を書いてみた(NG例)

  • URLをコピーしました!

この請求書はダメでした。請求書は通常の毎月の請求イメージで考えた方が良いそうです。
私の場合は、死ぬまでの収入を一括請求したので金額が尋常では無いので、これだと余程の資産家でない限りは現実的な気分にはなれないだろうと言う事で。
書いている本人は全ての枠を外して本気で請求したのですが、でも、やっぱりこれが今月振り込まれるって思いは全くありませんでした(笑)。
だから
新しく毎月請求のイメージで完全なる新しいのを作成します。

昨日見つけた嫌でもお金が引き寄せられる秘密

そんな上手い話があるか!

とは思うんだけど、今までの自分がお金の引き寄せで満足行ってないのだから取り入れてみる価値がある。

善は急げだし、リスクはゼロだ。

これが叶わなかった場合でも私のリスクはいい歳こいてバカやってんじゃないよと笑われる程度の話だ。

私から宇宙銀行への請求書

この請求の使い道は、まず、妻と理想の家を買う資金に充てる。

高台の平家で築年数が新しく、キッチンが二人で並んで作業するのが楽しくて、食べながら作りながら楽しめたりする。

この家に住みながら仕事は、在宅でも出来る事が多い仕事で、しかも、生きるために働くのではない。

生きるためのお金は一生涯の蓄えがあって(あるいは必要に応じて振り込まれる)、仕事で得るお金は、無くても構わないが楽しみとして、好きな車やカメラを買ったり、妻と旅行に行くのに充てるんだ。

そう考えたら、必要な請求金額の計算式は

1、理想の家の購入資金=五千万円

2義務で働かずとも楽しく暮らせる貯金=

一ヶ月50万円*十二ヶ月=600万円

仮に120歳まで生きるとして600万円*60年=三億六千万円

1と2を合わせて4億1000万円に今日現在の消費税を入れて以下のご請求となります。

なお、生きるためのベースとなる三億六千万円に関しては、毎月や毎年など分割でのお支払いも可能です。

この請求書を遅滞なくお支払い頂ければ、サルは仕事を楽しく、生きがいとして継続して行けると思います。

しかも、今現在の本業に執着せず(好きだから継続もしたいけど)、年齢や社会情勢に応じて、自由に職業も変えて行けるようになります。

やってみたよ

宇宙銀行に今の願いを叶える請求書を出してみた!

ニコニコ猿

ただ書いただけじゃなく、インターネットに投稿したんだから宇宙に届いたかな?

追伸

120歳まで元気に働く前提で書いてますが、もっと生きたいかも知れないので、もっともっと継続的に支払いいただけるならさらに嬉しいサルです。120歳で死ぬって決めないもんね。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

上に戻る