サルの願いは魔法みたいに現実化したよサルババだね

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!

しば犬と暮らすが目標だった

当ブログのスタート時期からサルはシバ犬にゾッコンだった。

威嚇顔

当時のアイコンはシバ犬ばかりだった事からもシバ好きなのを示している。

その後、シバ犬ブリーダーさんに何件か連絡取り、実際に子供として引き取る打ち合わせもしてみた。

明日にでも!実行しようと言う段階で、待ったがかかった。

我が家の両親との同居、そして、サルの会社の都合などが絡み合ってシバ犬生活を断念した。

ニコニコ猿

だが、もう、具体的にシバ犬と暮らす覚悟を決めて、明日には一緒に!と思ったあの日のワクワクドキドキは今も忘れない。

サル了解

エネルギー的にはシバ犬を飼う段階まではリアルに体験した。

次の願いはサル好みのネコと暮らす

シバ犬を諦めたサルは、次の期待はサルの好みのネコとのご縁だった。

サル好みのネコとは?

  • いつでもすり寄ってくる。
  • ベッドでサルと並んで寝る。
  • 頭とか顔を撫でられるのが大好き。
  • 双方向で会話を楽しめる。(実はYouTubeで人気のシバ犬のコムギが大好きなのだが、それはコムギは良く話すから)
  • 出来たら尻尾も触らせて欲しい

サル理想像のネコと出会う確率は低い

サルは幼い頃から常にネコと暮らして来た。猫に関しては人生の大半で飼って来た。

人生60年のネコ暮らし経験値がサルには既にある。

考える猿

そこから考えて、願い通りの猫とのご縁はレアものだ。

まず、いつでもどこでも触り放題のネコは少ない。

短時間ならお触りが許されても長いと大半の猫は怒ってしまう。

猫は触り過ぎたら怒る子が多い

幼い猫は、触られるの大好きニャンコに見えても、成長と共にクールなネコになるケースが多い。

子猫時代に性格の判別は付かない。

餌の時だけは、すり寄るのに、普段は、触るとうるさいと避けるネコの方がが多かった。

考える猿

触られたい猫で、寝るのも一緒に布団で枕に頭を並べて寝られた猫は過去60年間で一匹しか出会えなかった。

捨てネコが現れた

パパ助けて
捨てネコの貰い手が見つから無いの!

結婚して離れて暮らしている娘からSOS連絡が来た。

車で1時間ほど離れた娘の嫁ぎ先に、捨てネコが舞い込んで、しばらく保護してたが飼い主が見つからないらしい。

サルがシバ犬を飼う予定だと知っていた娘は、サルはネコは引き取らないと思っていた。
だからサルへの声がけを最後にしたらしい。

でも、万策尽きてどうしようも無くてサルに連絡をくれた。

その時、サルは、偶然にも、しば犬を迎える事を断念したタイミングだった。

本来ならば猫の性格を見極めてから、サルと相性が良い子猫を厳選して飼いたいと願っていたが、急展開でそれどころではなかった。

娘の情報によれば、捨て猫ちゃんは人懐っこいようではある。

だが油断ならないという気持ちもあった

  • 捨て猫の生きる本能で人に甘えてくるのは当たり前
  • 子猫だから甘えるのも当たり前
  • 空腹から尚更人に甘える
  • しかも季節は雪が降る寒さの中で死の危険

運を天に任せて翌日、車で引き取りに行った。

行く前に、ネコの輸送用ケージと自宅で使う大きめのケージを買ってから。

捨てネコだから自由気ままに動くので、引き取りに到着した時に、まだ娘の家にいる保証は無いので、買い物は無駄になる可能性もあったが、もう、最高のモノを買った。

無事にネコが消え去る前に引き取れたので、無駄にならずにホッとした。

帰宅前に獣医さんに見てもらう

捨てネコなので、病気や怪我も心配なので、近所の獣医さんに見てもらった。

幸いにも問題無く、そのまま帰宅。

家の中で見てたら可愛すぎる子猫だった。

理想の猫との出会い

ニコニコ猿

こんなつぶらな瞳の子猫だよ

サルくん、あなたは私を飼ってくれるの?

まず、子猫はサルにゾッコンだ。

サルに対して、ニャモニャモ良く話す。

この子は頭もシッポも撫で放題で、撫でられるのが幸せみたいだ。

ベッドにも一緒に寝てくれる。

枕に顔を並べて寝られる。

会話が常に成り立つ。

勿論、お互いの言語は理解不能だが、ああ言えば、こう言う、この繰り返しが楽しい。

猫の腕枕に寝不足のサル
猫の腕枕に寝不足のサル

声の強弱、トーン、豊富な声の使い分けに驚き

この子猫は、まるでシバ犬コムギっす!そっくりだった。

不思議な小声から大声も声色もバリエーション豊かに話をしてくれる。

この子猫の中には、実は小人が住んでいるのか?と思うほどによく話かけてくる。

2ヶ月経過しても

あれから月日も経過して、子猫の大きさは普通の猫のサイズに近くなった。

私の不安は、成長と共にクールなネコになってしまう事だったが。

しかし、予想は大はずれ。

クールになるのでは無く、逆だった。

ますます、いつでも一緒、常に抱っこされたいネコに成長した。

会話も益々増えてきた。

撫でても撫でても、もっと撫でられたいネコになった。

弊害は、

家にいると、常にネコが一緒で両手はネコの世話で塞がるのでパソコンの仕事すら出来ない。

可愛くて可愛くて何も出来ない。

ドライブにも行けない。留守番が数分でも大変な騒ぎ。

帰宅したら、何で一人にしたの?

と言う感じにニャモニャモと暫く文句を言い、まとわりついて離れなくなる。

留守番が数時間になると、その歓迎はエキサイト、そして留守番の怒りを途中でカミカミまで入って明らかに怒られる。

シバ犬モード

さて、ここまで、理想的なネコがやってきた時点で、既にサルは望みを実現する力はサルババだ。

ニコニコ猿

しかし、話しはそれ以上なんだよ。

このネコは、食後、トイレの後、シバ犬が全力疾走するみたいな元気な走り方をする。

ドドド!と走って、シュッと停止する。

逆方向にドドドと走って、また止まり、また走る。

その速さも馬力も騒がしい事もシバ犬みたいだ。

顔とか頭を撫で放題で、それでも更に撫でろと永遠に要求する姿もネコとは思えない。

ネコとシバの理想像の合体

ネコの可愛い特徴、シバ犬の可愛い特徴の両面を併せ持つネコが来た。

逆にシバの欠点となる(失礼)抜け毛の問題は、猫には無い。特にこの子は抜け毛の量はネコとしても少ない。

更に普通のネコの欠点であるクールビューティーなツンデレも無くて、常にデレデレだ。

常に手がかかるのは事実だが、この手間は幸せの中にある。

サルはサイババみたいだからサルババだよ

気が付けば、
サルの願いは超絶叶ってた!
つまりサルババだよ。

この奇跡的な理想的なネコが我が家にやって来た。

  • 娘の嫁ぎ先に捨てられたキセキ。
  • 誰も引き取れないキセキ。
  • シバ犬を諦めた瞬間のキセキ。
  • 全てが重なって、そんな奇跡的な中でサルの所にやって来たニャモ。
ご機嫌うさ

ありがとう。ニャモちゃん、我が家に来てくれてありがとう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)