夫婦喧嘩の記憶は、まるで歴史上のデーターみたいだと思った

目次

夫婦喧嘩が瞬時に終了しない時は、今既に当事者じゃ無い

前回の夫婦喧嘩が30分間くらい継続した。先日のブログから続編です。
投稿にブランクが出たのは、私はある病に倒れたからでした。その件はまた別途書きます。
あわせて読みたい
台所で私が洗い物中に妻と喧嘩した 【朝の出来事】 朝は2人で台所で並んで洗い物していた。 私が洗い物をお手伝いするのは日課です。 むしろ私が洗い物はメインみたいな生活です。 妻と一緒に、動ける事、...

30分間も険悪な雰囲気を持続した理由

喧嘩の原因は、大きく分けて2つ

妻が「両親の飼い猫」の食器の食い残しを大切な「まな板」にぶちまけた。

妻が自分でミスったのに、私に逆ギレ喧嘩を売ってきた

2点とも数分で跡形もなく消えたのに、30分間も嫌な雰囲気が持続していたのはなぜか?考察した。

この30分は戦争の歴史と似ている

歴史と同じだと思った理由

  • 汚い物が「まな板」にかけられた出来事は、最初の一分間のみ
  • 次の一分で清掃終了して消えた事実
  • 後の28分間は記憶の中だけの話し

戦時中にXX国がひどい事をしたとYY国が孫世代まで恨む

歴史で過去の恨みを学んで、既に無関係な子供たちまで恨んでいる。

現在の子供達は被害者では無い。

同様に、

加害国の子供たちも加害者では無い。

それなのに、今でも当時の加害者だった国を恨んでいたりするらしい。
(私は、本当は海外に知り合いがいないので真実は知らない)

単に事実として学ぶのは良いけど、わざわざ無関係な新しい世代で恨みの感情を発生させなくても良いと思った。

夫婦喧嘩も同じ

  1. 一瞬、まな板が汚くなって口論になる。
  2. 数分で、原因となった汚物が掃除される。
  3. 妻の逆ギレも1分で終了した。

ここで喧嘩が終われば良いのに、30分間も険悪だったのは、私が頭の中で、記憶データーを大事に手放さないでいたから。

汚物の事、妻の逆ギレのことを頭の中で繰り返し味わったから恨みが消えなかった。

妻も、「逆ギレするな!」と私に言われたことを、30分間根に持っていた感じだった。

喧嘩発生から数分はお互いに当事者だけど、その後の28分間は、新しい二人なのに。

私と妻は、新しい二人で、新しい気分で過ごして良いはず。

それなのに、過去の記憶データーを30分間も持ち運んで馬鹿みたいだった。

本当は大事なパートナー

お互いに、喧嘩しても、この世で一番大事なパートナーだと思っている。

その二人の時間を、くだらない過去の記憶でイライラ引きずっていたら勿体ない。

喧嘩はしても、今だけで良い。次の瞬間は忘れたって良い。

過去となった後もずるずると喧嘩したら、その新しい今が勿体ない。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる