痛みと不安のスタート

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!

登場人物について

登場人物(動物)の紹介はクリックで読めるよ
ウサウサ(妻)

筆者(サル)の妻でアラシー?(60歳前後)です。
本当は人間ですが、本人は自分の事をウサギとかクアッカワラビーだと思っているようです。

性格は、前者(心屋仁之助さんが定義した前者後者の前者)で、社会人として有能な人。

学生時代は勉強が嫌いだったから四文字熟語をほとんど知らないとか脳味噌は子供に近いよ。

  • 不要な価値判断の観念が無いまま大人になった人。
  • 曇りの無い目(心)で、ありのままを見ている人。

そんな印象なのがウサウサ。

ニコニコ猿

サルから見たウサウサは料理が上手だよ。

サル(筆者)

サル(筆者)は本当は人間で60代男性です。

なぜサルなのか?それはサルに似ているとウサウサが言い始めたのがきっかけ。
最近まで自分が有能な人類だと思って生きて来たので相当嫌なヤツでした。

典型的な後者なのに、前者だと思って最近まで生きて来た為、大迷惑な存在だったかも知れない。

ウサウサが大好き過ぎてキモいと言われる事をする。

シマキチ(ネコ)

一年位前に我が家に来た元は保護ネコちゃん。

キジトラのメス猫。

性格は、まるで人間が入っているかと思うほど頭が良い一面もあるし、シバ犬のような馬鹿っぽい可愛さもある。

そんなシマキチは、今ではサルとウサウサの娘になった。

娘が元々二人いたけれど、二人とも嫁いだので今では三女のにゃもだけが同居する娘だ。

良い気分の選択は割と簡単と言ったばかり。

そんなタイミングで恥ずかしい事ですが、

今日は胃の調子が悪くて、朝から、ずっと胃と口の中が痛いなあ。と気分は低空飛行してます。

こんな胃の具合では、今日は昼飯も晩飯も食えないし、明日以降も身体が心配だな。と思考が湧く。

さらには、胃が痛いのは、単に痛いだけなのか?悪い病気では無いよね?病院は行かなくて良いよね?と、医者嫌いや私は不安になる。

それが本日の正直な現時点の気分です。

転んでもタダでは起きない

引き寄せの法則の実験をする身としては、この不快感、痛み苦しみ、明日への不安を活かさない手はない!

と、さっき気付きました!

と言う訳で、今は苦しみのベッドの中ですが、気を取り直して、この嫌な気分を戻せるのかな?と引き寄せの法則の実験を再開です。

いつもの手順

  1. 今の気分をいったんは受け入れる、苦しんでてもそれを裁かないで感じ切る。
  2. 痛いんだから気分上々である訳がないよねー。
  3. 私は、痛いのは嫌だ。その事が改めて分かる。
  4. ならば、私の望む現実は何か?
  5. それは、身体が痛くない状態。
  6. 痛くない状態に浸る。

ここで終われない

普段の波長切り替えは、ここで痛みの無い現実が望みだ気付くだけで、心がホッとして終わるが、今日のは、さすがに今、既に、正に、胃が痛いんだから、ホッとするまで行けないし、望ましい現実の中にいるイメージを継続するのも困難。

ベッドの中で観照タイム

観照とは坐禅中の意識状態で、思考を眺め続ける、身体の感覚を感じ続ける状態ですが、何かトラブルごとの最中など、大変な時こそ落ち着くには最適なツールが坐禅だと思う。

体調優れず座れない時は、ベッドに寝てても観照モードだけでも。

観照により、思考が静まって来た所で、波長の切替を再スタートする。

  1. 痛みの無い身体が望ましいのだから、痛い現在はさて置いて、痛み苦しみが無い身体は良いなあ。だけにする。
  2. 今ある痛みの感覚にダイレクトに意識を向ける。
  3. 不安になるのは、今既にある感謝を見逃しているからだった。
  4. さっそく、いまにある感謝に意識を向ける。

急速に気分が良くなった

もう少し感謝マニアになる

  1. 今身体を休めるベッドがある
  2. このベッドは寝心地がよい
  3. 休む暇があって良かった
  4. ベッドの中なのにiPhoneで日記がかける環境が素晴らしい
  5. iPhoneやネット維持のお金がある
  6. お粥を作ってくれる妻がいる
  7. すべき事を変わりに進めてくれる妻がいる
  8. 食べなければ痩せられる
  9. ダイエットの為にと食欲を我慢する手間がない
  10. 食わないか粗食ならデドックスになる
  11. 胃が痛くなったから、苦しみの最中の気分上げるトレーニングになる

スッカリ上機嫌

この段階で、スッカリ上機嫌になり、胃の痛みは、単なる感覚となり、そしたら痛みの感覚も軽減されて来た。

気分が良くなる思考の選択、周波数の切り替えに成功。

サルの一言

サル(筆者)は、引き寄せの法則も健康食品も素人で1ユーザーに過ぎません。

ここに書いた事は自分では良いと思うけど、間違えてたり、誤報を信じてたりする可能性もあります。

商品購入リンクも基本的には自分が購入した物ですが、中には自分の購入したそのもののリンクではなく、記事執筆時点で検索したリンクもあったかも知れないし、リンクミスもあるかも知れない。

購入、使用は自己責任で確認願います。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)