ショボンとしない

目次

気になる足の痛み

足が完治せず。散歩に行けない日が時々ある。この2週間位の間で散歩が出来る人と出来ない日がある。

その違いは足の痛み方が違う。所詮はまだ完治では無いから厳密に言えば無痛の日は無い。

昨日は散歩は出来ても今日は出来ない事がある。

この後退した日がショボンとなる。

足の痛みが振り返すと不安になる。

振り返すと、今夜寝るのが不安になる。

また、夜中に痛風発作の激痛で起こされるのか?

トイレに行くのも大変になるのか?

ついに病院け?

不安になる。

ショボンは不要

でも、痛みがあるとして、将来への不安があるとして、それでも今生きている。

将来への不安を理由にショボンとして、今を台無しにするなら、一生ダメになる。

なぜならば、人はいつかは死ぬ。その日を恐れて一生ショボンとするのか?って話になる。

無意識に人は自分の死をどこか忘れているが、病気や怪我すると、忘れていたはずの死の不安に襲われる。

だから、この先も何か病にかかるとショボンとするのか?

死の不安でショボンとしていると、せっかく生きている今を死んだも同然で過ごすこととなる。

死にたく無いなら、生きている今を大切にしようと思う。

妻との時間を大切に

だから、今から過ごす妻との時間を大切にしようと思う。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
上に戻る
目次
閉じる