コロ助不況と痛風で良かった点

ダブルパンチで嫌だったのだが、良かった点もある。嫌な事だからこそ良かった点もある。

チャンス到来

抜け出せない辛い状況をチャレンジングステージとして使う!

ここ最近の痛風苦しみとコロ助不況の不安について、かくなる上は何か使い道はないか?

そう思うようになった。

なぜか?回復しそうになると振り返す。

だから、そろそろ精神的に疲れ果てていた。

こうなるとプラス思考も、良い気分の維持も、思考の選択も出来なくなりつつあった。

痛くて辛くて、気分良く出来ない。

それどころか、ホッとする事すら出来ない。

ハッピーさんは、とりあえず難しい局面ではホッとするのが最善と言うが、この痛風発作では無理。

辛すぎて名案が!

そうだ、この痛み苦しみの最中に、もし、気分をホッとする事が出来たら、この先の人生に自信が持てるぞ!

坐禅、瞑想してみる

長年の日課の坐禅は足が痛くて無理。

そこで瞑想を布団に寝た状態で行う。

瞑想状態に入ると、痛風の痛み苦しみは、単なる足のジンジンする感覚となり精神的苦しみは軽減。感覚はもちろん痛いんだけど。

鳥のさえずりに耳を合わせると目の前の霧が晴れて来る。

先ほどまで、嵐吹き荒れる天候の中に居たのに、その雲を突き抜けた上空の静かな青空になったような静かさ。

嵐の騒がしさは思考

こうして、瞑想状態に入れてみると、ホッとする状態になっていた。

つまりは嵐のような状態は、頭の中、思考であり、今ここにある感覚に集中すると、雲は晴れる。雲はあっても雲として見える。

苦しみの元凶は、痛みや不況では無かった。

だから瞑想で苦しみ、嵐が消える。

苦しみの本当の原因は、痛みから来る未来への悪夢。不況から来る未来への悪夢。

この悪夢の思考を止めれば、苦しみは消える。

チャレンジに使えないか?と言う思考でも悪夢、苦しみは消えている。

何を考えているか?が別れ道。

次の課題

とりあえずホッとしたところで、次なる課題、チャレンジングステージは、この状況の中で気分を変えられるか?

答えは既に

あれ?

既に、この痛みの中で、何か利用価値はないから?って発想した時点で気分はだいぶ良かった。

そして、瞑想で思考である苦しみと離れた時点でホットしてた。

この辛い状況でも、気分を変えられた。

こうなると、痛風発作で死ぬわけではない。と思える。

余命宣告された人に比べたら風邪ひいた程度の話だ。と思う。

その内に、歩けるようになる、治るのを待つだけ。と思えて来る。

こうして、完全な状況が無いままで、心の平和を選択する実験が出来た。

痛風発作ありがとう。と言えなくも無い。

そして、コロ助不況は眼中に無くなっている。

あー   幸せ。

と、今日、今現在の心境。

フォローしてくれたら嬉しいです

こんな人が書いてます

お気楽ポチ(シバ犬になりたい)
お気楽ポチ(シバ犬になりたい)サイト管理者
凡人で、高齢者(定年退職の年齢)で、特別なにも無い人、いまさら引き寄せの法則に興味を持ち実験して果たして物になるのか?
ポチのアメブロのやってます。
ポチのアメブロ

そんなブログですが、今更ブームも終盤の引き寄せの法則に、高齢者が実験中のブログ公開して誰が見るのか?

とか言っている間に、実験スタートしたばかりでコロナ時代になって景気後退、さらに痛風に襲われて死ぬほど痛い中でも気分だけは俺の自由だと強がっている。
そして誰の役に立つのか?
と言われそうですが、それは私の役に立つからです。

ブログを書こうと決めた事で、日々の生活の中で思考を眺め続けるモチベーションになる事を発見!

引き寄せに大切な良い気分の選択を持続する為のモチベーションにつながるからです。

引き寄せの法則的なブログの人や著者達は沢山いるけれど、彼らの人生を読んでみると、子供時代から普通と違っていたりして、そもそも最初から違うんじゃ無いか?彼ら彼女らは特別な人類だと思うエピソードを目にする都度、この人も別格か。そう思ってゲンナリします。

それでも諦めきれない私がいます。

超凡人だし、間もなく定年退職年齢だから若人と違って知識と経験と体力をこの先に付けられる状況にない。こんな私にも引き寄せなんて出来るのか?常識的に無理すぎる現状からスタートする引き寄せ実験をブログに加えました。
アメブロは主として自分の備忘録として他人の興味あったブログをブックマーク目的で活用中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です