痛風で幸せ体質へ

悲しいしば犬

痛風になって長いので、似たような記事を書いたとは思うのですが、これだけ長引いて、確信した事があるので、改めて書いてみます。

痛風が直ったら幸せになれるのに。。。と思っていた

痛風発症から痛みに苦しむ数ヶ月間の繰り返し。

数回目の発作までの自分は、痛風が治ったら幸せになれるのに。。。

と思っていた。

痛風
痛風が直ったら幸せになれるのに。。。。

さっぱり治らないで疲れ果てた

初回の発作が一週間で治って来たと思ったのに、また少しで再発作。

それも直って来たと思った矢先に、再々発作。

あれから3ヶ月くらい?4ヶ月くらい?

あまりに繰り返す痛風で、既に何度目の発作かも分からない状態の中で、今日現在はもう少しでビッコ引かないで歩けそうな痛み軽減されて来た状態。今度こそ解放へ向かうのだろうか?全く油断は出来ないが、意外とそれでも能天気なのは、ゲットしたコツがあるから。

現在が少し楽になって、だからこの記事を書いた訳ではなく、苦しみの最中にこそ書きたかった記事で、それが日数経過しても変わらない確信のままだから書いてます。

つまり、今日よりも、だいぶ前から知った幸せの秘訣です。苦しみの中だから信憑性のあったコツ。

幸せの秘訣

幸せの秘訣と言うよりも、もしかしたら、これって引き寄せ全般に言える秘訣だったりして、とかニヤッとするんだけど、それはまだこの先を見ないと分からない。

ただ、今、言えるのは幸せの秘訣は簡単だった。

幸せだけは、本を読む必要がなくなって、幸せは困らないほど集まってくる様になった。

その秘訣を書いて行きます。シンプルだから誰にでも共通すると思う。

環境が変わるのを待たずに、今、この現状のままで幸せを感じる。だけ。

この環境で幸せになれるか馬鹿!

と言われそうですが、でも痛風の痛みの中でも出来たんだから、人生のほとんどの場面では出来るはず。

痛風が直ったら幸せになれるのに。。。。

これが当然の願いだと思っていた。

痛風から最初の2ヶ月間くらい、この当然だと思う思考パターンに私は疑問を持つこともなく、本気でそう願っていた。

しかし、繰り返す痛風で、ほどんと連続的に回復と悪化を繰り返して、本当に心身共に疲れ果てた時、幸せになる日を待ってられなくなってしまった。

あまりにも痛いし、不便だし、心身ともに苦しいから。

一刻も早く幸せになりたかった。その一心で考えついた、アイディア、ヒラメキ。

今すぐ幸せになる

今の痛風の現状のままでも、痛風と行動の不便以外には恵まれている事が沢山ある。

それを見つけることに専念した。

痛み苦しみの現状でも、痛風が終わらない現状でも、幸せは今すでに沢山あることを知った。

それを数えていると徐々に気分だけは幸せになって来た。

幸せ気分が出てくると余裕が出てくる。

すると、

そもそも痛風の痛みは死ぬ訳では無い。

痛風はいつかは治る。

そんな気になってくるから不思議。

今のままでも幸せは選択できた

痛風が直ったら幸せになれると、待ち焦がれていたのだが、今、この痛風生活のまま、現状はこのまま、幸せになれる事を確信した。

シバ犬ポチの幸せ
幸せは今なれる

平常時に考えたら信憑性が無かった

平常時の健康状態の私が言ったら信憑性が無かったはず。

それはもちろん当然。

平常時なら自分自身で言っても信じられないに決まっているから。

どこかで聞いた話し

「幸せなんて気の持ちようだ」

とか

「幸せに意識をフォーカスすれば良い」

とか

スピ系みたいな事を誰かが言っても、そんなのは、どこかで聞いた知識で、イザ実際に本人が病気や災難となったら、あなた無理でしょう。

そう思って当然だと思うし、自分でもそう思うはず。

でも自分が痛風の痛みが繰り返して、疲れ果てて、その酷い状態のままで幸せになっていた。

幸せ体質になって来た

こうして、痛風のままで幸せを見るようになって来たら、毎日の中でも幸せな時間がどんどん増えて来た。

  • 妻との会話でも、幸せだねえ。と言うセリフが2人で増えて来た。
  • 多少、嫌な仕事があっても、その仕事の中の幸せな部分に目が向くようになって来た。
  • 一方では、大変な仕事に関しては、相応の報酬を請求する罪悪感も減って来た。
  • 請求する時の恐怖よりも、相応の報酬の嬉しさに目が向くから出来る。

幸せは求めると逃げる

痛風前半、2ヶ月目までの私は痛風が直ったら幸せになれるのに。。。と将来の幸せを待ち焦がれていた。

その気持ちは気の毒な痛風患者だった。繰り返す痛風。生活の不便。妻に負担をかける罪悪感。幸せは遠のく一方だった。

まるで磁石

この幸せが逃げる様子は、まるで磁石のN極がN極を欲して追いかけているような感じがした。

ところが、途中で、今すぐに幸せになってやる!と視点を見る向きを切り替えて、実際に幸せになってしまったら次々と幸せが目について、ますます幸せになって行った。

幸せを求めている時は、まるで磁石のS極とS極の反発しながら逃げられていた。

幸せを求めるのではなく、自分自身が幸せになってしまったら、幸せと吸引関係にあるN極になったから、S極はやってくるようになった。そんな感じ。

共振の法則

引き寄せの法則とか共振の法則とか言う言葉が、ラジオの端末で900Khzに同調回路を合わせたら、ラジオ放送局の900Khzと共振して受信できると言うけれど、自分が何Khzになっているかなんて分からない。

けれど、単純にシンプルに、幸せかどうか?それだけで見たら、まるで磁石だと思った。

求めると逃げ水でいつまでも逃げられる

幸せを探していると、幸せは遠くにあって、どこまで行っても距離が縮まらず逃げ水のようになる。

求めない方が寄ってくる

今幸せになると(求めない時)、幸せが目立ってくる

幸せを求めるのを止めると、逆に幸せが引き寄せられてくる。

パラドックス

幸せのパラドックス、その原理は分からないが、今回の痛風発作中に幸せになってやる逃げ道で、パラドックスだったのは経験で理解した。

幸せのコツ、幸せの鉄則

幸せは求めると逃げるけど、自分が幸せになって求めなくなると寄ってくる。

ああなったら幸せになれるのに、と待つ必要がなく、今幸せを見つける自由が自分にある。

幸せは自分で選べるし、選んだら寄ってくる。

原理は知らないでも、この幸せのコツと鉄則は合っていると思う。

フォローしてくれたら嬉しいです

こんな人が書いてます

お気楽ポチ(シバ犬になりたい)
お気楽ポチ(シバ犬になりたい)サイト管理者
凡人で、高齢者(定年退職の年齢)で、特別なにも無い人、いまさら引き寄せの法則に興味を持ち実験して果たして物になるのか?
ポチのアメブロのやってます。
ポチのアメブロ

そんなブログですが、今更ブームも終盤の引き寄せの法則に、高齢者が実験中のブログ公開して誰が見るのか?

とか言っている間に、実験スタートしたばかりでコロナ時代になって景気後退、さらに痛風に襲われて死ぬほど痛い中でも気分だけは俺の自由だと強がっている。
そして誰の役に立つのか?
と言われそうですが、それは私の役に立つからです。

ブログを書こうと決めた事で、日々の生活の中で思考を眺め続けるモチベーションになる事を発見!

引き寄せに大切な良い気分の選択を持続する為のモチベーションにつながるからです。

引き寄せの法則的なブログの人や著者達は沢山いるけれど、彼らの人生を読んでみると、子供時代から普通と違っていたりして、そもそも最初から違うんじゃ無いか?彼ら彼女らは特別な人類だと思うエピソードを目にする都度、この人も別格か。そう思ってゲンナリします。

それでも諦めきれない私がいます。

超凡人だし、間もなく定年退職年齢だから若人と違って知識と経験と体力をこの先に付けられる状況にない。こんな私にも引き寄せなんて出来るのか?常識的に無理すぎる現状からスタートする引き寄せ実験をブログに加えました。
アメブロは主として自分の備忘録として他人の興味あったブログをブックマーク目的で活用中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です