記憶喪失体験5 体へのダメージ

目次

一過性全健忘になって戻るまでの体験談、その5話目

一過性全健忘

身体もダメージ

発症から24時間くらいから気づく

全身の数カ所が痛みを感じる様になった。

その箇所は、今までも怪我か病気で何かあった箇所だった様な気がしていた。

ここ一年間の記憶が無い状態から半分だけ回復したのが、一過性全健忘発症から24時間の状態なので、体の各所が痛いのが、発症中にどこかに打つけたのか?
元々の持病か何かだったのか?

自分では判断が付きかねていた。

妻に質問して持病だと確認する

妻によれば、私は前から、その全ての箇所が持病的に齢箇所だったらしい。

しかし、ここ最近は、痛むこともなく鎮静化していた私のウイークポイントだったとのことでした。

主として、持病が痛むのは、体調不良、精神的にダメージをうける様な悩みのある時、だそうでした。

妻の感触としては、一瞬、脳が死んだから?

妻の父(既に他界)が、生前に病院で一瞬だけ他界した事があった。
病院内での出来事だったので、敏速に蘇生処置されたのでおそらく死んでしまったのは、一分間も無いと思われる。

私たち夫婦もその場に立ち会っていたので覚えている。

わずか一分間だけ心停止したのだが、数日経過した義父の全身は見た目がボロボロになっていた。
まるで死者の皮膚、ゾンビみたいだった。

一瞬の死が、その一瞬で一度は義父の体は死んだのだと思った。

妻も私もその事実を見たので、今回の私の全身のダメージも一瞬だけ脳が死んだからでは無いか?

そう思うと自然でした。

義父は一分間の死亡ですら、あのゾンビみたいな数日後の姿でした。

私は脳が回復するのに最低限でも24時間要した。

脳の一部分のリセットだけど、24時間は脳が変だったのだから、全身のウイークポイントにダメージが出ても不思議はないかもしれない。

脳の障害は体にもダメージ?

一過性全健忘発症の瞬間は脳がリセットされたのだとすると、一瞬だけ脳が機能停止に近かったのかもしれない。

身体にもダメージがあり、弱かった箇所は全て痛みが出て来た。

記憶がない時間帯は完治までは四日から五日間、記憶が戻る事が最優先だったので、痛みがあっても、そっちのけでもあった。

MRI検査の結果を聞くまでの日数がちょうど5日くらいだった。

身体には痛みがあっても、最初の二日間はすぐ忘れる繰り返しだった。

何度か妻にも体の痛みは元々なのか?と質問したらしい。

だから明確にいつから痛んだのか?分からないが、私のきちんと認識した痛みは24時間くらいからだった。

おそらく、24時間以降が記憶がほぼ使える様になったので、痛みのある体だと忘れなくなったんでしょう。

4、5日して回復に向かう

記憶障害が完治したと思われる日数が4、5日でしたが、その頃から身体のダメージも急速に回復してゆきました。

ただ、脳も体もリセットですっきり爽やかだと思ったけど、やっぱり病み上がりだったらしく、仕事をバリバリこなしたら疲れが凄くて昼寝が増えました。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる