悪い夫だった時代の後遺症(多少リライト)

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!

登場人物について

登場人物(動物)の紹介はクリックで読めるよ
ウサウサ(妻)

筆者(サル)の妻でアラシー?(60歳前後)です。
本当は人間ですが、本人は自分の事をウサギとかクアッカワラビーだと思っているようです。

性格は、前者(心屋仁之助さんが定義した前者後者の前者)で、社会人として有能な人。

学生時代は勉強が嫌いだったから四文字熟語をほとんど知らないとか脳味噌は子供に近いよ。

  • 不要な価値判断の観念が無いまま大人になった人。
  • 曇りの無い目(心)で、ありのままを見ている人。

そんな印象なのがウサウサ。

ニコニコ猿

サルから見たウサウサは料理が上手だよ。

サル(筆者)

サル(筆者)は本当は人間で60代男性です。

なぜサルなのか?それはサルに似ているとウサウサが言い始めたのがきっかけ。
最近まで自分が有能な人類だと思って生きて来たので相当嫌なヤツでした。

典型的な後者なのに、前者だと思って最近まで生きて来た為、大迷惑な存在だったかも知れない。

ウサウサが大好き過ぎてキモいと言われる事をする。

シマキチ(ネコ)

一年位前に我が家に来た元は保護ネコちゃん。

キジトラのメス猫。

性格は、まるで人間が入っているかと思うほど頭が良い一面もあるし、シバ犬のような馬鹿っぽい可愛さもある。

そんなシマキチは、今ではサルとウサウサの娘になった。

娘が元々二人いたけれど、二人とも嫁いだので今では三女のにゃもだけが同居する娘だ。

サラリーマン時代、最悪な夫だった

私は、二十代から三十代までのサラリーマン時代には、自分の事を、頭が良くて、優れた人間だ。

と思いこんでいた馬鹿野郎だった。

転職の都度、会社をアップグレードしてステータスと引き換えに最悪の夫となった私

いつかこの日を夢見て頑張ってきた。嬉しかった。

でも、その影では妻は離婚したいと思っている事を私は知らなかった。

家族の為に、将来の四人家族の幸せの為にと、一生懸命に働いていたはずだった

それが、いつの間にか家族よりも自分よりも会社や仕事を優先して、特に余裕がない私は妻に対して暴君だったと思う。

サラリーマン時代の私は暴君

恥ずかしい、自信満々な当時の私

  • 私は一流企業の戦士として戦っている
  • 同窓生の中で高収入な方だし、東京で成功しつつある
  • 私は常識人である
  • 私は人格者である

今思えば、全て恥ずかしいし、特に最後の人格者なんて、自分で言うのも絶対おかしいし。

百歩譲っても、常識人なんて、自分じゃない。誰か(支配者)に都合の良いプラグラミング通りのロボットかもしれない。

こんな恥ずかしい事を本気で自慢だと信じていた。

妻は常識を生きておらず、自分を自然体を生きる人だったので、私はそんな妻の態度(今思えば素敵なのに)に苛立って、毎日喧嘩が絶えない夫婦だった。

そんなバカ夫の時代が長い。

おそらくは、結婚した23才(妻は21才)〜45才くらいまで二十年以上もそうだったのかも?

そのバカ夫時代の遺症が今なお夫婦関係に悪影響を残す

例えば今朝の実例

娘のYouTube配信を画面録画しておきたいんだけど、留守中に音が鳴ると両親が見にくるから、iMacのイヤホンジャックにイヤホンを指しておきたいな、どこにあった?

妻 はてな

この前、整理整頓したばかりで、逆にどこに入れたかわかんない。

しばらく探している妻の様子を見ていた私は、

妻にこれ以上の探す苦労させるほどでも無いと。本心からそう思ったので、やさしい気持ちで妻に言った。

別にもう探さなくても良いよ。高いものじゃ無いから買い直すから。

愛からの発言だったが、妻の反応は予想外な方向へ

妻 不機嫌

私は別に捨てたんじゃない!

いちいち買うなんて言うな!

私 はてな

ママを気遣って言っただけなのに、

まるで攻撃されたみたいな受け取り方するなんて?

なんで?

妻 不機嫌

私は喧嘩になんて受け取ってない!

私 むーん

それが喧嘩モードで聞いているってことなの

私の黒歴史が長すぎるから

こういう感じで、心から善意で発言しても、悪意に変換されてしまうことが、仲良し夫婦になって5年くらい経過した現在でも発生することがある。

多分、昔の嫌な人間ロボットだった頃の私を思い出してしまうパターンがあるんだと思う。

それだけ長い年数を妻に我慢させて来たんだと思い知るしかない。

普段は仲良し過ぎる二人

最近の二人は基本的にぺったり

二人の日常は、こんな具合ですっかり仲良しで一心同体です。

私たちは、日本一の夫婦だと思っている。

長年のどろどろの喧嘩時代を乗り越えて、今ではこの写真見たいな一心同体な夫婦になった。

それでも、時々、昔の悪夫時代の後遺症が妻の反応に出てしまう。

それだけ妻には暴君だったのだから、その時の記憶が蘇ってしまっても仕方ないし、忘れて欲しいと頼んでも無理な話だとは思う。

数十年間の積み重ねた悪夫時代の印象を、完全に消えるまで同じ年数がかかるのかもしれない。

それでも

妻の私に対する後遺症も、常に出ているわけじゃなく、時々、妻に何かのスイッチが入った瞬間にだけ出るので、それ以外の時間を考えたら、夫婦生活の中のごく一部分。十分に仲良し時間が過ごせているので幸せです。

しかも、私には自業自得。

どんだけ悪い夫時代を過ごして妻に我慢をさせてきた事か。

それに比較したら、この程度で済まされる事、妻から離婚されずに過ごせる事は感謝です。

サルの一言

サル(筆者)は、引き寄せの法則も健康食品も素人で1ユーザーに過ぎません。

ここに書いた事は自分では良いと思うけど、間違えてたり、誤報を信じてたりする可能性もあります。

商品購入リンクも基本的には自分が購入した物ですが、中には自分の購入したそのもののリンクではなく、記事執筆時点で検索したリンクもあったかも知れないし、リンクミスもあるかも知れない。

購入、使用は自己責任で確認願います。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)