妻の検査結果を聞きに行った時の心の中

前回までの経緯とは?(クリックで展開)

私は妻の健康不安が弱点である

妻に健康上の問題が出て、妻を失う可能性に怯えると、私は妻の大切さを思い出す。
この先の人生は妻を一番大切にして生きると心に誓う。

しかし、妻の健康問題が解決すると

いつの間にか
私は仕事優先になり、妻に不機嫌な顔を見せまり、妻より仕事優先にしてしまう事が増えて来る。

再びアラームが鳴る

妻を大切にする気持ちを忘れたら妻の健康問題が再び出る

俺は
最近、妻を大切にしないで、嫌な気分をぶつけたりしてた!

この先、絶対に妻を愛し続けるから、どうか、もう一回やり直しの時間が欲しい。
俺は何やってきたんだ〜
と猛烈に後悔して残りの時間を妻の事のために生きると誓う。

今回で3回目

妻を失いそうな状況になって、妻の大切さに気が付いて、そして、この先は妻を第一番に大事にすると誓う。

この繰り返しを人生で3回やって来たと思う。

その都度、今度こそ忘れまいと誓うのだが、毎回、数ヶ月で忘れてしまって元の木阿弥だったんだ。

繰り返しで重大になっている

こんな事を繰り返して来たが、徐々に、アラームが重症になって来ている気がする。

私がアラームに気付けないのだから、「まだ聞き取れないのか?」と回を重ねる都度、大きなアラームになるのは当たり前かも知れない。

今回こそ、手遅れにならぬ内に、私は妻の事を大切に生きる事を誓う!

アラームじゃないとしても

この繰り返しがアラームではなく単なる出来事だとしても、この先に妻を大事にするのは良いことだ!

以上が前回までの経緯

検査結果が出るまでが地獄

検査項目としては

  • レントゲン首から足まで沢山
  • 血液検査

先週の木曜日に検査だったので、結果が揃うのに土日も挟むので結果を聞けるのは翌週の月曜日以降との事でした。
結果を聞けるのが、翌週に入ってからかと思うと週末はドキドキ不安になってしまう。

これでは、私の気持ちが耐えられないダメもとで金曜の夕方閉院前に病院に電話を入れてみました。

私 はてな

検査結果は、やっぱり来週にならないと届いてないですよね?
もし出ているなら明日の土曜の朝一番で行きたいので、結果の有無だけでも知りたいのです。

まだ、ですよね?

結果が出ているので、土曜の午前中10時まで受付すれば先生から結果を聞く事ができますよ!

土曜の朝に聞きに行った

もちろん、私は、土曜の朝一番で、朝の6:30から病院の前に並んで順番待ちをして、三番目をゲットしました。

病院の入り口が開くのが8時なのですが、その時間に行ったら何十番目になるかも分からないので、午前中前半の院長先生の時間に間に合わないから。
そして、そもそも一瞬でも早く結果を聞きたいから。

妻が三番目と言っても、実際には、院長先生の診察はずっと前から予約している人も多いので、朝一番で三番札をゲットしても、実際の順番は十番目から二十番目と覚悟していました。

院長先生待ちの待合室も、そこそこ混んでいるし。

ところが、予想外に、妻は最短で呼ばれて院長先生の診察部屋に入って行きました。

その時の私の正直な心境

私 むーん

え?

こんなに早く呼ばれるの?

どうしてだろう?予約の人を差し置いて、妻が優先される訳って何?

私 はてな

予想される可能性が二つあると思う。

1:妻の病状が緊急性を要するので、早く事実を伝えて、更なる検査などに回そうとした配慮。

2:問題ない結果だから、一瞬で済む話だからと効率的に先に呼んでくれた院長の親切心。

一体どっちなんだ?

もしも妻が大変なことになったら、そう思うと涙も出そうでしたが、結果は大丈夫でした。
大丈夫と言っても、原因不明的な結果であって何も妻の辛い状況に変化はないのですが、レントゲンや血液で見る限りは、重篤な病名が付かない現在の医学では重篤な病名にはならない。
それだけですが、余命宣告とか、入院とか、そういうことにならないで本当に嬉しかった。

病院の帰り道、お墓参り

病院で結果を聞いたその足で、同じ市内になるお墓に行って、ご先祖さまにお礼の気持ちを伝えに行きました。

墓前で夫婦揃って手を合わせる時に、心底涙が出そうでした。

その理由は、私の想像にあります。

万一、妻が重病で死んでしまったら、この場所で私が一人で手を合わせて、その対象が墓石の下の妻だったら?と想像したら恐ろしく寂しくて泣きそうでした。

妻の健康不安で、妻の大切さを思い出す、その3回目の繰り返しでしたが、今回こそは忘れまいと誓うと同時に、こうしてブログにも書き残した次第です。

見るひとの、ほぼ居ないブログですので、まさに私のための記録。

忘れない! 今度こそ、一生を通じて妻を大切にして生きる。

フォローしてくれたら嬉しいです

こんな人が書いてます

お気楽ポチ(シバ犬になりたい)
お気楽ポチ(シバ犬になりたい)サイト管理者
凡人で、高齢者(定年退職の年齢)で、特別なにも無い人、いまさら引き寄せの法則に興味を持ち実験して果たして物になるのか?
ポチのアメブロのやってます。
ポチのアメブロ

そんなブログですが、今更ブームも終盤の引き寄せの法則に、高齢者が実験中のブログ公開して誰が見るのか?

とか言っている間に、実験スタートしたばかりでコロナ時代になって景気後退、さらに痛風に襲われて死ぬほど痛い中でも気分だけは俺の自由だと強がっている。
そして誰の役に立つのか?
と言われそうですが、それは私の役に立つからです。

ブログを書こうと決めた事で、日々の生活の中で思考を眺め続けるモチベーションになる事を発見!

引き寄せに大切な良い気分の選択を持続する為のモチベーションにつながるからです。

引き寄せの法則的なブログの人や著者達は沢山いるけれど、彼らの人生を読んでみると、子供時代から普通と違っていたりして、そもそも最初から違うんじゃ無いか?彼ら彼女らは特別な人類だと思うエピソードを目にする都度、この人も別格か。そう思ってゲンナリします。

それでも諦めきれない私がいます。

超凡人だし、間もなく定年退職年齢だから若人と違って知識と経験と体力をこの先に付けられる状況にない。こんな私にも引き寄せなんて出来るのか?常識的に無理すぎる現状からスタートする引き寄せ実験をブログに加えました。
アメブロは主として自分の備忘録として他人の興味あったブログをブックマーク目的で活用中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です