理由(思考癖)が分かっても、直ぐには変えられない

目次

前提条件:私は暴君だった

私は昔、妻に対して暴君でした。
私は後者(心屋さんの命名した)であるにも関わらず、そうとは知らず、あらゆる場面で自分が正しいと信じて、前者で有能な妻の言うことを否定して、自分が出来る人だと思い込んでました。ついでに、我が家は代々の亭主関白でしたので、それも合わせて暴君で生きてきた時代があります。

暴力は無いのですが、私が正しいと思い込んで、妻の考え方が間違いだと思うから、家族の為に、妻自身のためにと私の考え方を押し付けて生きて来ました。

本人的には良かれと思って、家族を守るために指導しているつもりでしたが、何しろ後者だし、偏った家庭の家訓もあったしで、本当は有能な前者の妻には、私の馬鹿さ加減が手にとるように見えていたはず。それでも私が威張って主導権を握っているので大迷惑な夫だったはず。

そんな夫婦生活の時代が30年くらいあります。

妻にも思い込みがある

ここ5年は、心屋さんのセミナーで前者後者を知ってから、私は後者だったと知り、また妻には離婚を宣言されたりして、やっと目が覚めて、すっかり改心して、妻の従順なしば犬になりたいと願う私になっております。

しかし、30年の暴君時代の歴史は重くて長い。
その間の妻の脳内に刻まれた私の暴君ぶりは5年程度で消え去ることはなく、今でも妻は私た妻に意地悪(押さえ付ける)言動をしていると思い込む時が時々あります。

具体的例

ポチ
ポチ

モンベルのポロシャツが調子良いから、ママも買ってみたら?

単に、妻にも快適な夏のポロシャツを進めただけの気持ちで、情報提供しただけで、嫌なら別に構わない気持ちでした。

ところが妻の反応は、喧嘩口調で、語気を強めてこう来ました。

人に指図しないで!

ワラビーちゃん
ワラビーちゃん

その後の夫婦の会話

ポチ
ポチ

そんな気持ちではなくて、単に情報提供したつもりだよ。

と伝えると、妻は、

押し付けにしか聞こえなかった

ワラビーちゃん
ワラビーちゃん

そういうパパだったの時代は、昔のことで、最近はそういう気持ちは無いよ。
ワラビーちゃんの従順なポチな気持ちだから警戒しないで良いんだよ。

そうだったのかも知れないけど、
私はつい悪く聞こえてしまう。

ワラビーちゃん
ワラビーちゃん

古い思い込みは私にもある

上記は妻から私への過去の記憶、思い込みによる喧嘩パターンですが、私も妻の気持ちが良く理解できます。

私は両親に対する思い込みが今も残っていて、こちらも同様に5年以上前の両親に対する思い込みが今でも影響しているのです。

私と両親は5年以上前には険悪な関係性でした。
家族でありながら、猜疑心が双方にあって、その原因は複雑で、どちらが悪いと言うのではなく、ある人にそう仕向けられたのだと思います。それと両親に守るべき義務を負った人間関係が発生して、そちらを守るには私を敵視するしか無かった。

私も両親もまんまとその人の術中にハマっただけで、本来はそういう険悪な関係ではなく、お互いに良い関係性があったのですが。

前置きが長くなりましたが、5年以上前の私と両親は険悪でした。身内とは言えないほど険悪でした。

今現在の私と両親は、おそらく世の中の親子関係の中では、上位に入ると思う程度には回復している関係性です。

にも関わらず、私は今でも両親との会話で、猜疑心スイッチが入る時が多々あります。
妻にそこを指摘されて、確かに思い込みかも知れない。。。。

と深呼吸して気持ちをリセットする事があります。

明らかに過去の記憶であって、今現在の両親との関係とは無関係なのに、それは理解しているのに私は今でも猜疑心スイッチが入るパターンがある。

だから、妻が私に対しての猜疑心スイッチが入ることは良く理解できます。

昔よりずっと良い

私と妻の間の思い込みも、私と両親の間の思い込みも、まだ先が長いのかも知れません。
それでも、昔だったら、どうしたって悪意にしか聞こえない会話だったのが、今では我に変えれば思い込みだと思い直すことが出来る。

その点では随分と壁が薄くなって半透明くらいになったんだろうと思います。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる