遊ぶのが不安

目次

働かざる者食うべからず

私は「働かざる者食うべからず」なんて格言?は卒業した。
つもりでした。
支配者層の都合良い刷り込みだと思ってた。

でも、今日、気が付いた、今も根強い強迫観念

働かざる者食うべからず

今日はカメラを使って、色々と撮影して遊ぶ日にしよう!

朝の段階では、そう思って、ウキウキして1日がスタートした。

ワクワクでスタートしたのに

ところが、

いざ、カメラを準備して、何を撮影しようかな?

と考えていたら不安になって来た。

どうして不安になったのか?

他にもっとすべき事があるのではないか?

遊ぶより先にお金に繋がる事、仕事に繋がることをした方が安全ではないか?

お金(仕事)に直結しない時間が怖い

  • お金が無くなったらどうしよう?
  • 仕事がなくなったらどうしよう?

漠然とした、根拠のない不安があった。

遊べる時は遊ぼう

私は仕事とお金の為に生きているのではない。

ポチ
ポチ

楽しく生きるために、お金や仕事があるんだ!

主従関係が本末転倒していた!

  • 楽しく遊ぶお金を欲しくて働いていたはずだった。
  • 今日は遊ぶお金がある。
  • そして遊ぶ時間がある。

その素敵な自由な今日なのに、遊びながら不安を感じていたら、遊んでいるとは言えない。

遊ぶためのツールである仕事とお金に振り回される状況が今でも残っていた。

コロナ禍だから仕方ない部分もあるけど、コロナ禍が終わったら次の何かがあるはずだから、今、遊ばないでいつ遊ぶのか?

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる