舌は舌自身を味わえない

目次

舌は舌自身を味わえない意味

よく聞くようなセリフです。

「ベロはベロ自身を味わえない」とか「目玉は目玉自身を直接見ることは出来ない」

これに関してふと感じた素人考察です。

スピ系の指導者系の解釈

なんとなく当たり前ですが、スピ系の凄そうな人たちの話によれば、自分が自分(自我)だったら、自我を意識することなど出来ない。
だから私は自我そのものではない証拠だと言われます。

ややこしいけど、確かに原理的にはそうなると思う。

だが、しかし、原理的にそうであっても、私は私だとしか感じられないのが実際のところ。
私が私自身を見ているとしか思えない。

ポチ
ポチ

つまり
自我=私だと実感中。

話を切り替えます

今日、ポチが発見した不思議。

痛み、深いは敏感な私、一方では痛くないはスルーしている私

私は、痛い、不快だ、そういう類は敏感に察知するのに、痛くない(普通とか心地よい状態)、不快ではない(心地よい)状態は知らないでスルーしている。

春とか秋の一瞬だけ、自然な気温が心地よくて、エアコンの暖房も冷房も不要な季節が短いけどある。
そんな時は何も感じてないのに、暑いとか寒いとかなると途端に気が付く私です。

胃が痛い時は、わかるけど、胃が痛くない時は、全くわからないでスルーしている。

幸せは見えなくて、不幸せは見える?

私は幸せは見えなくて、不幸せは見える。

不幸せな出来事を通じて、幸せを知ることが出来る。

なんか遠回しで、まどろっこしいぞ!

私は幸せそのもの?

上に書いた原理からすれば、私が幸せを直接見えない理由は、私が幸せそのものだから?
幸せが見えにくく、不幸せは良く見える。

これって、そういう事なのか?

しかも、幸せで快適な時の方が人生にはあふれている。

ポチ
ポチ

これからは、溢れている幸せを注意深く見て行きたい。
時には現れる不幸せは、これがないと幸せを忘れるからね。
と許容するか。

当たり前だけど

  • 空気が吸える
  • 足がある
  • 手がある
  • 食べられる
  • 心臓が動いている

数えようとしたら、今ある幸せは数えきれない。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる