MENU

ギックリ腰だった

  • URLをコピーしました!

重病疑惑はラッキーにもギックリ腰

昨日突然に襲われた脇腹の激痛は、内臓の病気では無く、
更には、10年以上も消えなかった大きなシコリが原因でもなく、
有名なぎっくり腰でした。

ギックリ腰は「骨」じゃない?

痛みの箇所が骨の無い場所だったので私はぎっくり腰とは思わなかった。

私は、ぎっくり腰は骨の痛みだと思っていた。

しかし、今回の激痛は、骨が全くない脇腹だったので、ぎっくり腰を疑うことがなかった。

とにかく激痛

  • 身体のどこか一部分を動かすだけでも脇腹に激痛が走る。
  • 呼吸すると痛い。
青ざめる私

内臓疾患は怖いから、出来ることならば肉離れなど怪我系であって欲しいと期待して整骨院に行ってみました。

整骨院の診断はギックリ腰

先生に質問しました。

ギックリ腰は、骨の痛みでは無いのですか?
この部位には骨がないのですが、筋肉でギックリ腰なんですか?

答えはYESでした。

驚きの治療内容

研究者

痛いでしょうけど、ぎっくり腰の部分は大きく動かさないと治りが遅くなるので我慢してくださいね。

青ざめる私

そう言ったと思うと、先生は私の痛い脇腹を中心として、馬鹿力でグイグイと動かし始めました。

私は、痛い、いててて、何度も叫びますが、先生は我慢してくださいねの繰り返しでした。

約30分の施術だったと思います。

先生が

研究者

ちょっと歩けますか?

と質問してきました。

内心、無理でしょうと思ったけど、施術台から起き上がれたので歩いてみたら、スタスタスタ、歩けた。

ハッとする私

先生、歩けます、奇跡のようです。ありがとうございます。

正直言って、私は涙声になってしまった。
それほど奇跡的な回復でした。

ぎっくり腰になって、しばらく一週間とか寝たきりになると思ったのに、たった一回の施術で歩けるようになって嬉しい。

正確には、歩けるけど、まだまだ激痛が襲ってくる場面がある。身体のバランスをとる瞬間とか激痛だし、少しじっとした後に動くのも激痛です。

それでも寝たきりにならないで済んだだけでも嬉しい。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

上に戻る