猫生活で無駄思考が減ったサル

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!

登場人物について

登場人物(動物)の紹介はクリックで読めるよ
ウサウサ(妻)

筆者(サル)の妻でアラシー?(60歳前後)です。
本当は人間ですが、本人は自分の事をウサギとかクアッカワラビーだと思っているようです。

性格は、前者(心屋仁之助さんが定義した前者後者の前者)で、社会人として有能な人。

学生時代は勉強が嫌いだったから四文字熟語をほとんど知らないとか脳味噌は子供に近いよ。

  • 不要な価値判断の観念が無いまま大人になった人。
  • 曇りの無い目(心)で、ありのままを見ている人。

そんな印象なのがウサウサ。

ニコニコ猿

サルから見たウサウサは料理が上手だよ。

サル(筆者)

サル(筆者)は本当は人間で60代男性です。

なぜサルなのか?それはサルに似ているとウサウサが言い始めたのがきっかけ。
最近まで自分が有能な人類だと思って生きて来たので相当嫌なヤツでした。

典型的な後者なのに、前者だと思って最近まで生きて来た為、大迷惑な存在だったかも知れない。

ウサウサが大好き過ぎてキモいと言われる事をする。

シマキチ(ネコ)

一年位前に我が家に来た元は保護ネコちゃん。

キジトラのメス猫。

性格は、まるで人間が入っているかと思うほど頭が良い一面もあるし、シバ犬のような馬鹿っぽい可愛さもある。

そんなシマキチは、今ではサルとウサウサの娘になった。

娘が元々二人いたけれど、二人とも嫁いだので今では三女のにゃもだけが同居する娘だ。

思考する暇がない

なぜかって?猫との暮らしは楽しいから。

ニコニコ猿

捨てネコちゃんが我が家に来て毎日が忙しい。

楽しく。

イキイキして。

毎日が新しい。

子猫は毎日成長するし、何するか予想を超えるイタズラものだから。

感動の毎日

  • 子猫が朝ご飯を食べたのを見て涙が出て来る。
  • 子猫が「サルくーん」って呼びながら、トットコ、トットコ駆け足で来ると涙目になる。(サルにはそう聞こえる)

思考の代わりに感動が増えた

考える猿

もちろん、コロナ禍によるサルのビジネス問題は消えたわけでは無い。

しかし、目の前の子猫が何するか分からないから目を離せない。

パソコン仕事を始めると、

私を見て!と言わんばかりにキーボードに乗ってくる。

席を立てば、

サルくん、私を置いてお出掛けじゃ無いよね?と先回りして出口を塞ぐ。足を噛んで足止めされる。

カーペットに座ると

膝の上に乗って甘えてくる。

ネコの頭を撫でると気絶しそうに心地良い。

ネコのホッペを撫でるとモフモフの長い毛が心地良い。

ネコが猫撫で声を出して気持ち良いと言ってくる声が可愛い。

ニコニコ猿

サルは、耳も、目も、手の感覚も、五感の全てはネコとの触れ合いに全集中している。

これがイマココだなぁ。たぶん。

サル了解

イマココは、可愛い、気持ち良い、と言葉が出てくる前の感覚で、感想が出た時は思考なんだろう

考える猿

でも、この思考を眺め続けていたらイマココなんだろうが、サルには難しいよ。

サルの一言

サル(筆者)は、引き寄せの法則も健康食品も素人で1ユーザーに過ぎません。

ここに書いた事は自分では良いと思うけど、間違えてたり、誤報を信じてたりする可能性もあります。

商品購入リンクも基本的には自分が購入した物ですが、中には自分の購入したそのもののリンクではなく、記事執筆時点で検索したリンクもあったかも知れないし、リンクミスもあるかも知れない。

購入、使用は自己責任で確認願います。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)