なんだ元から幸せだった

既に幸せだった

痛風の4ヶ月間、サッパリ治らず、治ったら即再発。

痛風

この地獄の中でハッキリした事は、今までは、死ぬほど幸せ者だった。

それなのに、わたしは引き寄せの法則で、「凄く幸せになりたい」と願っていた。

元々が「死ぬほど幸せ者だった」のに、

私は元々が死ぬほど幸せ者だった。でも、それが見えないで、幸せの引き寄せを強く願っていた。

「凄く幸せになりたいです」と願っていた。

この幸せ者が幸せを知る為には、すごく不幸せな出来事が必要だった。

痛風も私が引き寄せた

私の願いが叶って、引き寄せが成功して、凄く不幸せを感じる現実(痛風がずっと治らない)が出現して、その不幸せのお陰で、元の死ぬほど巨大な幸せが見えた。

痛風の今も幸せ

以前の死ぬほど大きな幸せに気付けたばかりではなく、痛風発症中の今現在も幸せが見えた。

4ヶ月にも及ぶ、治らない痛風の痛みは、当たり前の幸せが鮮明に浮き彫りにされた感謝すべき対象となった。

しかも、Before痛風、つまり過去が幸せだったと知るばかりか、With痛風の今現在も、痛風以外においては幸せが溢れている。

痛風の痛み苦しみは、今ある沢山ある幸せの中に、わずか、たった一つの痛み。

しかも、この一個の痛みは幸せを知る為の、裏表であり、幸せと切り離せない存在。言うなれば、幸せの一部分であり、幸せを産む段差、明暗。

この先もきっと、幸せは、不幸せに見える出来事のお陰で存在し、私は不幸のお陰で幸せを感じる事が出来る。

その仕組みを忘れなければ、いつでも周りに溢れる大半の幸せが見える自分でいられるような気がする。

不幸が必要では無いくらいに。

シバ犬ポチの幸せ
シバ犬ポチの幸せ

コメント

タイトルとURLをコピーしました