私の使命が決まった!妻の気持ちを理解してなかった

この記事は自分が忘れない為に目立つ所に当面固定表示

妻の気持ちを大切にしたつもり

クレーム返品するのか?

我慢して使うのか?

この選択で悩んで胃が痛くなったとブログを書いたのが前回の記事だった。

クレーム交換するか我慢するか?

その記事の中で、私は他人(アマゾン)に気を遣っていたら、自分や妻に我慢をさせてしまうと考えていた。

今回の話題は「お金より妻の気持ちを大切に」の部分

ここが大いなる勘違い

私はアマゾンに気に入らない商品の返品したいが、完全なる不良品と言う訳でもなく、いまいちだと思うからと返品したらアマゾンに対しての罪悪感になる。

返品しなければ今後見る都度我慢になるので気分が悪いはず。

しかし返品しても罪悪感が残る。

名案?

お金より自分の気分を上にすれば、数万円を捨てて、新しい商品を自腹で買い替えたらアマゾンに罪悪感もなく、毎日の生活で使う時の気分も良い。

妻に迷惑だと思う

でも、二人のお金をこんな事で数万円を捨てたら、妻に悪いと思った。

妻の気分を落としてしまうだろう。

妻に打ち明けた

全然わかって無いね。

私の気分は、お金の問題じゃない!

それよりも、パパの気分が悪い事が私には辛い事だから。

私のすべき事

妻のためを思って考えた、相談だったが、的はずれだった。

お金の問題ではなく、私がご機嫌で過ごす事こそが妻の喜びだったようだ。

なら、どうするのが良いかな?

自分の気分、気分良く過ごせる選択とはどうするのが良いのか?

私もお金や罪悪感、それらを無視して気分を大切に考えてみた。頭ではなく、心で腹で考えてみた。

  • この商品は手元に残したく無い
  • 返品するとアマゾンに罪悪感
  • 自腹で数万円を買い換えたら一瞬爽快だが、後日、アマゾンかメーカーを嫌うかもしれない

とりあえず返品してみよう

とりあえず返品してみよう。

もし、それでアマゾンが返品拒否ならば往復送料負担で買い取るしか無いから、数千円がロスになるけど、最初から自分に我慢させるより、気持ちを聞き取っての行動しただけでも良いかもしれない。

自腹で数万円を買い換えるのは、お金を気にしなければ罪悪感も出ないし良いと思ったが、アマゾンやメーカーを後から恨むことになるので、これこそ世の中に悪い波動を出して迷惑なはず。

妻はお金を気にしない、それよりパパのご機嫌なのが良いと言ってくれたように、私もお金より何より妻に対する使命はご機嫌ポチだと思ったら、返品して様子を見るが一番だ。結果、どうなっても良いから新しい代替商品は早速購入しよう。

この人生で私の使命はご機嫌ポチだ

妻が気持ちよく生きるには、私が悩まず、上機嫌で生きている事が重要だったらしい。
良い人生を選択すべく、日々、損しないように、商売が上向くように、妻に喜ばれるように、失敗しないように、一生懸命に頭を使って疲れていたのだが、そんな顔をしない本当の芝犬のような私が好きらしい。

シバ犬ポチの幸せ
シバ犬ポチの上機嫌が妻の幸せだった

フォローしてくれたら嬉しいです

こんな人が書いてます

お気楽ポチ(シバ犬になりたい)サイト管理者
凡人で、高齢者(定年退職の年齢)で、特別なにも無い人、いまさら引き寄せの法則に興味を持ち実験して果たして物になるのか?
ポチのアメブロのやってます。
ポチのアメブロ

そんなブログですが、今更ブームも終盤の引き寄せの法則に、高齢者が実験中のブログ公開して誰が見るのか?

とか言っている間に、実験スタートしたばかりでコロナ時代になって景気後退、さらに痛風に襲われて死ぬほど痛い中でも気分だけは俺の自由だと強がっている。
そして誰の役に立つのか?
と言われそうですが、それは私の役に立つからです。

ブログを書こうと決めた事で、日々の生活の中で思考を眺め続けるモチベーションになる事を発見!

引き寄せに大切な良い気分の選択を持続する為のモチベーションにつながるからです。

引き寄せの法則的なブログの人や著者達は沢山いるけれど、彼らの人生を読んでみると、子供時代から普通と違っていたりして、そもそも最初から違うんじゃ無いか?彼ら彼女らは特別な人類だと思うエピソードを目にする都度、この人も別格か。そう思ってゲンナリします。

それでも諦めきれない私がいます。

超凡人だし、間もなく定年退職年齢だから若人と違って知識と経験と体力をこの先に付けられる状況にない。こんな私にも引き寄せなんて出来るのか?常識的に無理すぎる現状からスタートする引き寄せ実験をブログに加えました。
アメブロは主として自分の備忘録として他人の興味あったブログをブックマーク目的で活用中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です