‘サルの願いはウサウサの幸せ

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!

登場人物について

登場人物(動物)の紹介はクリックで読めるよ
ウサウサ(妻)

筆者(サル)の妻でアラシー?(60歳前後)です。
本当は人間ですが、本人は自分の事をウサギとかクアッカワラビーだと思っているようです。

性格は、前者(心屋仁之助さんが定義した前者後者の前者)で、社会人として有能な人。

学生時代は勉強が嫌いだったから四文字熟語をほとんど知らないとか脳味噌は子供に近いよ。

  • 不要な価値判断の観念が無いまま大人になった人。
  • 曇りの無い目(心)で、ありのままを見ている人。

そんな印象なのがウサウサ。

ニコニコ猿

サルから見たウサウサは料理が上手だよ。

サル(筆者)

サル(筆者)は本当は人間で60代男性です。

なぜサルなのか?それはサルに似ているとウサウサが言い始めたのがきっかけ。
最近まで自分が有能な人類だと思って生きて来たので相当嫌なヤツでした。

典型的な後者なのに、前者だと思って最近まで生きて来た為、大迷惑な存在だったかも知れない。

ウサウサが大好き過ぎてキモいと言われる事をする。

シマキチ(ネコ)

一年位前に我が家に来た元は保護ネコちゃん。

キジトラのメス猫。

性格は、まるで人間が入っているかと思うほど頭が良い一面もあるし、シバ犬のような馬鹿っぽい可愛さもある。

そんなシマキチは、今ではサルとウサウサの娘になった。

娘が元々二人いたけれど、二人とも嫁いだので今では三女のにゃもだけが同居する娘だ。

前にも書いたネタだけど、今もまだ継続課題だから

この5年間くらいの本心

ニコニコ猿

サルの人生の目標
この先のサルは、
ウサウサの幸せの為だけに生きる!

信用されてないサル

テレパシーで見て欲しい

昔は違ってた

ウサウサに信じてもらえないのには理由がある。

50才までのサルは自分の幸せだけだった。

若い頃は自分はエリートだと思ってた。頭が良いサルで勉強も仕事も出来て、会社の中で出世街道を爆進出来ると思っていた。

だからサルの使命は、会社の役に立って、世の中の役に立つこと。

その先に高い給料とボーナスと立派な家とサルの偉くなった肩書きがあると思っていた。

それこそが家族の幸せだと信じてた。

今思えば、サルは後者で社会でエリートになるタイプとはちがうから相当な無理をして前者アプリを全開にして生きていた。

後者なサルが無理して必死だったから心に余裕なんて皆無だった。

その皺寄せは、イライラの矛先は、若くて可愛いウサウサに向けられていた。

ウサウサに200%威張るサルだった。何でも正しく判断出来るのは家族で自分だけだと思ってたからウサウサのやりたい事もサルが反対なら、やる事をゆるしてあげなかった。(子供を劇団に入れたいと言われたら洗脳されると反対し、お昼新宿で遊んできたいと言う妻に大地震が来たら危険だと反対した)

それがウサウサと20才で出会ってから50才位までの長い年月のサル。

高い洋服、靴、良い物は妻より娘より自分ばかりに買っていた。それは企業戦士として箔を付けると言う目的、費用対効果だと理由付けて。

自分は数万円の靴は当たり前なのに、妻はスーパーの数千円の靴ばかり。

ここ10年は改心したサルだけど、その前の30年の悪サルの歴史がある。

今はウサウサが高い物をウサウサ自身に買って喜んでいることが嬉しい。

ネコ(シマキチ)に良い物を買うウサウサの行動が幸せを感じる。

30年の悪サルの歴史の書き換えはまだスタートして10年。

最低でも残りの20年は罪を償う期間とすれば、80才になる。その時までウサウサと2人で幸せに生きているのだろうか?

信じてもらえるまで間に合うと良いな。

ウサウサだけは幸せに生きていると良いな。

サルの一言

サル(筆者)は、引き寄せの法則も健康食品も素人で1ユーザーに過ぎません。

ここに書いた事は自分では良いと思うけど、間違えてたり、誤報を信じてたりする可能性もあります。

商品購入リンクも基本的には自分が購入した物ですが、中には自分の購入したそのもののリンクではなく、記事執筆時点で検索したリンクもあったかも知れないし、リンクミスもあるかも知れない。

購入、使用は自己責任で確認願います。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)