MENU

どこまで行っても不安は消えなかった(2)

  • URLをコピーしました!

どこまで行っても、そこは今と同じ景色だった その記憶(2)

不安がある時の私は

悲しい私

この不安材料さえ消えたら、そしたら安心して生きられると思って先へ急ぐ。

前回の話はこちら

トンネルの先は、やっぱり同じ景色

悲しい私

この検査ノイローゼ状態は、どんどん加速しました。

加速する不安、ますます見つかる不安

義務的な定例の検査を受ける>結果の良否に関係なく不安になる>更なる検査を受ける>結果良否に関わらず不安になる>エンドレス不安>>>>>>>でした。

仕事の不安までも

当初は腎臓の不安、風邪による悪化の不安、検査見逃しの不安だったが。。。。

腎臓の検査以外にも一々不安になって、その不安を払拭するための行動の先も新しい不安が生まれた。

当時の仕事(某一流企業でエンジニアしてました)で、日々、早朝から深夜まで全力投球しているのに、それでも頑張りが足りない気がして不安だった。

ライバル不安

ライバル企業の同担当に負けてないか?向こうは今も残業しているのではないか?

土日、祝日になったら不安

土日くらいは心を休めたら良いのに、何かミスしたような気がして、今手元で確認もできないので余計に不安な土日だった。

つまり月曜に会社に行くまで不安になった。

悲しい私

その結果として、当時の私は休日にも会社にサービス出勤して、不安な部分の解析を進めて、月曜の予習というか前倒ししていた。

青ざめる私

ここまで頑張れば当たり前に、私の仕事の進捗が良いので、上司からは有能だと思われて、更に仕事の責任が重くなったり、もっと仕事を増やされたり、嬉しい反面で、責任も仕事量も増えたので不安は増大していった。

体調もまた悪くなったりした。

ノイローゼ状態から私はどうしたか?

長くなったので、また次回に。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

上に戻る